新興市場が戻り基調!

 新興市場は戻り基調が継続しています。やはり、楽天などの株価上昇によって、雰囲気が明るくなってきたといえるでしょうかね。戻りがどの程度続くかがポイントとなりますが、普通の相場に戻ったとすれば、JQ指数で、90ポイントくらいでしょうかね。

 来年の相場を考えています。来年は今年よりはよくなるのでしょうか?ただ、インターネットを含めた内需セクターではなくやはり、中国やインドの爆食経済に支えられる外需相場となりそうな感じですかね。金融を含めた国内消費関連などへの手出しは無用ですね。やはり、素材や自動車関連ということになりそうです。

 為替に関しては、大きく動かない相場が続きそうな感じです。米ドルは安くなりそうですが、ユーロ高は現状のレベルが継続すると考えています。そうなると、スワップで稼ぐのが得策ということになるでしょうかね。円金利も、景気動向と物価動向次第ということになりますが、内需が悪い状況が続くようであれば、利上げということは考えづらく、政府債務の観点からも、大きく上がるということはないと考えています。

 ゆったりやりましょうね。

株に弱気は禁物のようです!

 円高にもかかわらず久しぶりに日本株は全面高の様相を呈してきています。弱気は禁物かもしれません。しばらくは良い相場が続きそうなので、どっしり腰を構えてやりましょうね。

 円に関しても、円が強くなるということは、「日本の評価が上がっている!」ということに間違いありません。

 ゆったりやりましょうね。

税金の件!

 税金のお話です。株式運用は10人中9人が失敗するといわれる厳しい世界ですが、1人大成功した人がどうなるか考えてみましょう。 実際に、いろいろな事業を起業しても成功する確率も10%くらいですからそれほど変わるものではありません。税金10%のメリットがいかに大きいかわかります。

 BNFさん(コテツさん)という伝説にもなっているスイングトレーダーのことを考えてみましょう。彼は、去年J-COMの誤発注事件で一躍有名になりました。現在は、150-160億円くらい運用しているそうです。

 もし、株式投資の税金が通常の事業のように50%の税金とすれば、彼の現在の資産は、30億円から50億円くらいしか残っていないのではと考えられます。まず、彼が10億円を達成したときに、税金を約5億円納めて、残りの5億円で、再運用を開始します。5億円は、去年1年で、60億円くらいまで増えます。そして、30億円納税して、30億円が残る計算です。今年の儲け分 20億円くらいにしても半分は、税金となりますから、手元に残る資金は、40億円くらいの計算です。なんと、現在の運用資金の1/4くらいの資金になってしまいますね。

 彼の納税額は、これまで、10%の16億円と推定されますが、事業所得だとすれば、45億円も支払いになるのですね。そして、再運用額が減ることによってパフォーマンスが大きく下がってしまうこともわかりますね。

 成功しても、税金という名のハンディキャップを忘れているとたいへんなことになります。去年、為替証拠金で儲けた人が税金をしていない人がたくさんいるのではということで、国税局が調査をしているようですが、株とは異なり、最高50%ですから、税務署としても徴税するメリットがとても大きいのでちまなこになっているという噂です。昨年、数億の為替運用益を出して、納税していなかった公務員のおばちゃんが捕まってから、その調査が一層きびしくなっていると聞いています。

 延滞税が、14%くらい、場合によっては、重加算税 40%くらいにもなりますから、場合によっては、利益の90%以上ももっていかれます。脱税はある意味命取りになりかねません。私は、もちろんちゃんと納税しています。為替証拠金取引も、くりっく365をやる前には、すべて、会社の口座でやって、会社からは給料をもらう方式にしています。

 このあたりはよく考えて行動することが投資でお金を増やすこつであることは間違いありませんね。
 ゆったりやりましょうね。

円高!

 米国の利下げが意識されるようになり、急激に円高になりました。つられて、欧州通貨も円高へ動いています。米ドルについては、114円丁度くらいがサポートになりそうですが、それを抜けると112円までありそうです。115円を下抜けたことによって、そのあたりにたくさんあったストップロスは、かなり解消されたでしょうかね。米ドル金利水準はまだまだ高いと考えている方も多いと思いますが、極端に動くのが米ドル金利であり、金利先物の値付状態からみると、来年の今頃は、4.5%くらいまで低下しているかもしれません。そうなると、円高、スワップ収入減少という円キャリートレードとしては最低の状況になるかもしれませんね。

 オージーに関しては、90円丁度あたりでとりあえずの節目がありますので、そこを抜けると88円台までというのも意識すべきかもしれません。とはいっても大きな動きではありませんから、長い目でみればまだまだレンジ相場が続くということでしょうかね。キウィがあまり売られていないのも気にかかりますね。取引量の少ない通貨ですから、動きだすと早いので注意が必要です。

 ゆったりやりましょうね。

まず、考えるべきこと!

 投資などをするにあたってまず考えるべきことは、そのルール的なことです。例えば、税金です。税金というのはたいへん身勝手な制度だと思います。負けても戻してくれないくせして、勝った場合には、50%くらいの税金の支払いが生じます。一生懸命やって儲かったと思ったら半分もっていかれます。すごいハンディキャップだと思いませんか?

 投資をする場合には、まず第一に成功した場合に、税金がどれくらいかかるのかよく考えて行動するのが、成功の秘訣と考えています。これまで私が為替証拠金取引をやらなかった理由はここにありました。個人年収は、○千万円ありますので、いくらFXで儲けても50%の税金を持っていかれます。でも、「くりっく365」ができてから、税率は、20%ということで、積極的にFXで儲ける方針に転換しました。

 株に関しては、儲からない、手間のかかる市場でやらないということで、税金が10%にもかかわらず、お休みしています。このあたりの比較については、今後ブログに書いていきますので、よろしくお願い致します。

 ゆったりまったり、やりましょうね。

はじめまして! 「フリーパパ」です。

 「フリーパパ」というと、英語表記では、Free papaで、暇な父ちゃんという意味になるでしょうか?写真は、うちでかっている愛犬「エルモ」です。自分なりには、お金と時間に拘束されない生活をしている父ちゃんという意味なのです。

 これまでに、いろいろな投資をやってきました。株はもう、20年以上ですし、不動産投資もバブルの頃にもやっていましたからある意味20年、FX(為替証拠金取引)に関しては、相場として取り組むのは、2年くらいですかね。それまでは、FXは、個人投資家ができる投資ではありませんでした。

 ここのブログでは、株、不動産、FXに関して思いつくままのことを書いていこうと考えています。 短期ではなく、長期的にFXで儲けるにはどうするのかという課題に取り組んでいきたいと思います。取引するのは、スワップポイントのたくさんもらえるオセアニア通貨(オージー&キウィ)が中心になります。税金が一律20%の「くりっく365」を使って、スワップを中心に増やしていく方法を自分のポジションの状況も含めて、書かせていただこうと考えています。

 よろしくお願い致します。 ゆったりまったりやりましょうね。