両建てのメリットとデメリット!

 ちょっとした質問がありましたので、答えておきます。まず、なぜ両建てする必要があるのかということですが、これは、前にも記載しましたが、ここに書いていたのは会社の口座で、単年度で、儲ける必要があったので、運用の計画当初から、高値圏にあったという想定で運用戦略を策定して、万一、下げ相場になった場合には、両建てでしのいで、そして、またスワップで稼ぐことを想定していたのです。当初の運用計画に沿って、やったということ以外に大きな理由はありません。

 両建てについては、買いポジションをはずさないようにして、下げ相場をしのぐ方法で、どちらかといえば、消極的な守備方法です。もし、すでにかなりの利益があるような場合だと、私の個人口座のように、利益を確定させれば、それで問題がありません。両建てのメリットというのはもとのポジションをはずさずに済むというだけで、メリットよりもデメリットが多いかもしれません。特に、両建てをはずすタイミングが難しいというデメリットがあります。

 また、明らかに売り転換したら、売りから入ったらどうですか?とうことですが、それは相場のやり方の問題で、明らかに売り転換しても売りから入るというのは簡単なようで難しいものですので、現在の相場環境であれば、スワップがもらえる買いでの取引を中心とすべきと考えているので、そのようにしています。

 ある意味、ここまで下げるというのは想定外のことで、今の結果をみて、売りをやっていれば儲かったですよねというのであれば、それは、解説的なあと講釈になるのということではないでしょうか?

 ゆったりやりましょうね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. ららさん says:

    今回の下げは、損失もありましたが、大きな勉強にもなりました。
    私も為替では、両建てをして乗り切りました。
    損失はありましたが、損失を押さえるに十二分でした。
    (まだ、途中かもしれませんが。)
    はじめての両建てでしたが、有効に機能してくれました。
    特に短期間の下げには有効と思います。
    ここで、ご意見いただきたいのですが
    月曜日、ストップロスを巻き込む狙いで大きな窓を
    あける可能性はどうでしょう?。
    というのも
    『指値は保証しているが逆指値は保証していない業者が多い。』との
    記事を他の方のブログで読んだ記憶があるのです。
    今回の急激な下げですから、可能性は低いとは思うのですが
    なくもないなぁ。と思っています。

  2. 通りがかり says:

    字が小さすぎてほとんど読めませんでした(笑)