投資スタイルの相違!

 システムFXトレーダーの池田さんから、私のセミナーへのお気遣いいただいております。ありがとうございます。不毛な議論をしたくないのですが、今月の私が講師をするセミナーの集客に影響するというような中途半端にお気遣いしていただいていますので、スワップ派の私なりの見解を書いておきます。

 池田さんも、avexfreakさんもブログを見る限り、短期トレードをやる人です。avexfreakさんのブログのコメントはとてもよくわります。短期で投資する方にとって、資金効率が悪いような投資や精神面でやりづらい投資ということでしょうか。私の知り合いに、84円で買ったオージーを持っている人がいます。毎日、約5000円のスワップ収入(月約15万円)を楽しみにしています。この人は、数年前に、某Net関連株で儲けてもとでをつくり、不動産投資のように、日々お金が入ってくる投資として、FX投資をしています。

 また、幸せな投資家さんが為替での長期投資で儲けた話をブログで書かれていましたが、その利益の半分くらいは、スワップ収入だと思われます。(レバレッジは10倍とのことですので、スワップポイント約5%x10倍x2年=約100%)長期で、FX投資をする場合には、とても大きな要素になるのがスワップ金利です。買いの立場だと、年間3%から5%の収入が得られます。ところが、ずっと売っていると、年間3%から5%の支払をしなければなりません。売りと買いでは、約6%から10%のハンディキャップがあるということになります。

 短期投資では、売りをやっても1日とか長くても、2,3か月ですからそのハンディは、小さくなります。ただし、ずっと売り続けるような戦略だと大きな負担になります。簡単にいえば、FXのスワップに批判的な人はどちらかといえば短期売買が得意な人で、逆に幸せな投資家さんや私はスワップのメリットを享受しよう派ということなのです。

 従って、この問題は、長期と短期の投資スタイルの相違であり、相場で儲けるという目標が達成できればそれでいいのです。また、そのような批判をするのであれば、池田さんが、FXのシステムトレードで年率200%の利益を得ているのに、なんで、裁量デイトレードをやる必要があるのかも説明をお願いしたいと思うのは私だけではないような気がしています。

 もちろん、短期投資家のスワップ派への考え方はどんどんこのブログで議論すれば面白いと思うので、もっとやりたいと考えますが、いかがでしょうか?

 ゆったりやりましょうね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. 私はセントラル短資でスワップ重視、FXオンラインで短期トレードをやっています。損切りが下手なので、今回のサブプライムショックでは、セントラル短資口座の方がダメージが少なく、安心していられます(レバレッジ低め)。スワップ重視の方がゆったりと構える事が出来て、長期的には自分に向いていると思いました。

  2. 通りすがり says:

    なんか雰囲気がゆったりしてなーい。ちょっとギスギスしたもの感じる。てーげーさんはちょっと熱くなりやすい人?何か好戦的。。