サブプライムと住専問題!

 サブプライム問題が世界中を駆け巡り、各中央銀行が資金を市場へ供給しています。同じような事象として、1995年頃から日本で大きな問題となった住専問題を思い出します。住専は、どちらかといえば、普通の住宅ローンでローンを組めない方などに、ローンを供給していた銀行傘下のローン専門会社でした。

 当時、住専は約30兆円の貸し出しがありました。また、住専に貸し出しをしてた大手都銀などへの影響も懸念されていました。当初、大手都銀などは大きな影響はないというようなことをコメントしていましたが、結局政治問題と化して、それから、未曾有の不動産デフレの始まりとなりました。

 今回のサブプライム問題をきっかけとして、米国景気が後退し始めるようなことになれば、大きな問題へ発展する可能性も否めませんが、LTCM危機のような一時的(とはいっても半年間くらい継続)問題で収まる可能性が高いと考えています。

 各国政府も資金供給をして、急激な市場の変動に対して、対策を打っています。もちろん、株式市場やFX市場が引き続きボラタイルに推移することは間違いがありませんが、来月頃には落ち着きを取り戻すことを期待しています。

 今日の日経新聞にも報道されていましたが、やはり、今回の市場混乱で、利上げが遠のいたといえるでしょうかね。。。。

 ゆったりやりましょうね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。