不動産関連銘柄について!

 このところ不動産銘柄が冴えません。大幅業績上方修正したダヴィンチなども、業績が今期がピークと見る向きが多いようです。不動産価格は、じわりと下落方向へ動いているようです。不動産価格が上昇するということがないようであれば、不動産関連銘柄はピークを打ったということになるでしょう。半年後くらいには、実態経済で、そのようなことが語られ始めていると考えています。

 六本木ヒルズの凋落がその象徴かもしれません。楽天が7月に同ビルから品川へ移ってから、どうやら8フロアーくらいが空き室になっているようです。これまで、待ちが出ていた同ビルも、ここにきて、家賃の高さやミッドタウンとの競合などもあり、苦戦しているようです。

 最近は、大企業の業績がよくなっていることもあり、やはり東京駅近辺のビルが活況です。このような状況を考えるとやはり老舗の三菱地所などが強いと思います。いずれにせよ、不動産セクターについては、過去5年くらい活況であったこともあり、今年の前半にピークをつけたということは間違いないようです。

 ゆったりやりましょうね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。