損失発生のパターン!

 FXの業者の方と話をする機会がありました。今回のサブプライムショックで、大きな損を出した(強制ロスカットが大半)投資家の典型的なパターンは、以下の2つのようです。個人投資家の平均的なレバレッジが、8倍くらいということなのでやむをえないと思うのですが。比較的レバレッジ(業者の定義では、5倍以下だそうです。)の低い方は、生き残った方が多いとのことでした。

1.高値圏まで買いあがって、下がってもそのままにして強制ロスカット
(例: ポンドで、平均コスト235円くらいで、かなり儲かっていたが、そのまま放置して、225円割れの時点で強制ロスカット)
2.高値圏では買えずに、8%から10%程度調整した時点で大量に買い、その後の下げで強制ロスカット(例: 豪ドルを、97円割れくらいから買い下がって、結局90円割れの時点で強制ロスカットになった。)

 私のように、レバレッジ3倍以下で取引をやっていると、根性なしのように思われがちですが、長期で安定的に儲けるためには、必要な要素だと考えています。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。