ちょっと暴落!

 今日からまた出かけますので、ちょっとだけコメントを書いておきます。今週火曜日からの円高の流れは、G7を睨んだような展開ですが、「米ドル安」であることを忘れてはいけないようです。ドルが安くなる分、天然資源などの価格が高騰しており、再び、世界的なインフレ懸念が再燃する恐れがあるということでしょうか?

 米国も経済情勢からすれば金利を下げたい方向性ですが、インフレ懸念がでてくるとおいそれと利下げ方向に動くこともできない可能性もありそうです。日本株は、どちらかといえば米ドルに対する円高に対しては、ある程度の抵抗力がありそうですが、資源高に関してはコストアップなどの点から悪い要素も多い気もします。今日も車にガソリンを入れましたが、満タンにするのに、7000円もかかるようになっており、2年ほど前より2000円以上も値上がりしています。

 生活必需品である食料品やガソリンなどの値上がりを考えると物価は上昇方向へ動いており、日本も金利も上昇方向かと思われますが、内需の弱い状況から金利をあげずらい点もありそうです。舵取りの難しい日銀ですが、しばらくは現水準で様子見ということになりそうですね。12月については要注意という気はしますが。