タイガーウッズ!

 全米オープンで91ホールの死闘の後、タイトルをもぎとったタイガーでしたが、ひざの故障が悪化して、今シーズンはひざの治療に専念せざるを得なくなったそうです。しばらくトーナメントでタイガーの姿をみられないのは残念ですね。

 今日は、儲けたこともあり、油断をして、またまた株を買い増ししてしまいました。自分なりに警戒感もあるのに、押し目だろうなんて思いつつ、自分は好調だから大丈夫だ的な行動を起こしています。

 このようなことだと、タイガーのように(後で、大怪我をするかも。)なりかねませんね。自分を戒める意味でもここに書いておきます。

ちょっとしたこと!

 不完全なこともありますが、相場師仲間では、ある程度の話をしていると、この人が本当に相場で儲けているかいないかは判断できることがあります。もちろん、その投資手法のリスクとリターンをどのように考えているかなどを聞くのが一番わかりやすいと思います。

 しかしながら、市況がいい場合などは、リスクに関する部分を知らないでも、儲かるケースもあり、このあたりは、ちょっと難しい面があるかもしれません。

 証券会社に勤務している際にも、あるモゲージファンドの話を聞いて、なるほど、これはいけるかなと思ったのもつかの間、1年後には破綻してしまったものもあります。これは、経験していないリスクが顕在化したことによって起こったものですが、ある意味、大地震にやられたようなものです。

 過去に、いろいろと、ブログの内容についても記載しているので、このあたりも参照してください。
 

米国住宅&市場!

 景気悪化による実態経済への影響も顕在化してきています。住宅価格の下落が本格化してきたようです。これまでは、低所得者向けの住宅の値下がりが大きな話題となってきましたが、住宅市場全体に対するものとなってきているようです。

 カリフォルニアの高級住宅などでも、一声、2割引程度の値引きが行われるようになったそうです。NYでも、金融機関がリストラなどを行なってきていることあり、高級コンドミニアムは下がらない神話はもう過去のものになりつつあるそうです。

 アメリカの場合は、居住用の買い換え資産であれば、譲渡益を繰り延べできる制度や住宅の金利を個人所得から控除できることなどから、値上がり分でどんどん高い物件に買い換える傾向がありました。価格が上昇しているうちは問題ないのですが、価格下落が始まると、その金利負担などが大きくのしかかってきますね。

 しばらくこの問題は、アメリカ経済を悪くする方向へ動くことは間違いありません。株価もこのあたりを織り込み始めたということでしょうかね。米国株投資へいくにはもう少し先になることでしょうね。
 
 

 

80:20の法則!

 数年前にブームになりました。実際に必要なことは、全体の20%しかなく、残りの80%無駄なことが多いということを表現したものです。

 私は、効率を重視しますので、いいと思った20%のことを集中してやります。私の場合は、株、FX、不動産と何でも屋です。なので、ある時期には、株だけとか、ある時期には、FXだけとか、タイミングによっていろいろとシフトしていきます。FX&株を同時にやることもありますが、どちらかのポジションが大きく、もう一つは、小さいケースがほとんどです。

 しかしながら、手間のかからない投資を主眼としており、投資に関する時間も1時間/日くらいのものですが、その時間に集中して、いろいろなことを考えています。現在は、小型株相場に集中しています。また、投資対象についても、意外と少なく、今もある銘柄に、資金の80%以上を集中しています。

 アメリカ株についても検討中ですが、相場環境が改善するにはもう少し時間が必要と感じています。このブログでも書いた海外不動産投資についても検討していますが、現状は、キャッシュフローベースで、トントンくらいで、税務面での手間を考えるとちょっとどうかという判断になっています。

 仕事というよりは、情報収集ということで、いろいろな経済誌やブルンバーグなどのHPどはよくみています。自分なりの未来予測をするために必要なことであり、また、自分としてもこれがとても楽しい時間なのです。

 私生活でも、今はゴルフに集中していますが、新打法の魔力(今朝、タイガーとプレイオフをしていたロッコメディエイトのような打法)に取り付かれて、この手法で、シングルくらいになれば、また別のことをやりだすのではと感じています。もう30年ちかくテニスをやっていますが、こちらは今のところ手抜き状態です。

 話は長くなりましたが、相場においても、結局、20%の重要なことに力を集中することが、成功の秘訣であることは間違いありませんね。

今日はいい感じです!

 今日は、日経平均はたいして上がっていませんが、全体的に底上げしている感じで、いい雰囲気でした。このまま続くといいですね!

なんだかなぁ!

 日経平均は、大きく上昇しましたが、個別株では安値更新銘柄が続出中です。特に、不動産、その他金融セクターはたいへんなのでしょうね。サービサー会社は不良債権がなくなって、ビジネスがなりたたなくなっているという話もあったようです。

 金曜日に買った株がそれなりに上昇して、安心感があります。これ以上いくかとといわれると、たぶん、もう少し買いたいというのが本音です。アメリカの状態次第ですがね。。。。

買い注文!(笑)

 なんだかんだいって、押し目のような感じがして、買い注文を出してしまいました。最近目が悪くなっているので、間違いかもしれません。

 でも、なんとかなりそうな気もしています。この株は来年には2倍になっているかも。。。。←(うそくさいけど。) 

 いつの間にか、米ドル円も108円をつけているし、日本株はいいのかしらね????

買い注文!(笑)

 なんだかんだいって、押し目のような感じがして、買い注文を出してしまいました。最近目が悪くなっているので、間違いかもしれません。

 でも、なんとかなりそうな気もしています。この株は来年には2倍になっているかも。。。。←(うそくさいけど。) 

 いつの間にか、米ドル円も108円をつけているし、日本株はいいのかしらね????

空売りの思ひ出!

 今でも忘れませんが、伊勢丹の空売りを仕掛けて、約1500円以上も担がれたことがあります。1992年当時は、買い方としての「秀和」という仕手のような大株主が、空売りに対して、買いを仕掛けたのがその主要因でした。5営業日毎日のように値つかずのストップ高を繰り返し、3000円直前で、初めて値段がついたのでした。

 私は、かなりの含み損になっていましたが、資金的には余裕があったので、その高値で、売り増しをしました。それから数日後に、株価が下がり始めたのですが、そこで、売り禁の措置がとられ、1円程度の逆日歩まで発生しました。どうしようか迷ったのですが、それから数日間、株が下げたこともあり、結局トントンの水準で、手仕舞いをして、難を逃れたのでした。

 何で、こんな話を書くかというと、ゴールドウィンがまさに、このような状態となっているのですね。SPEEDO社の水着の販売をしている同社ですが、このような材料で上がるわけがないと思う売り筋が、一気に担がれています。昨日売り禁になり、逆日歩も15円もついています。

 まず、時価総額が、200億円にも満たない株を空売りすることは地獄いきを意味するものであることをよく認識する必要があります。また、浮動株の少ない銘柄ですから、資金的にも余裕がないと、すっ高値での買い戻しになるリスクを十分認識しておかないとどうしようもないことになります。

 今日も気配値をどんどん切り上げています。値段はつかないことはないと思いますが、ストップ高近辺まで株価が上昇することでしょう。気をつけたいものですね。。。。。

空売りの思ひ出!

 今でも忘れませんが、伊勢丹の空売りを仕掛けて、約1500円以上も担がれたことがあります。1992年当時は、買い方としての「秀和」という仕手のような大株主が、空売りに対して、買いを仕掛けたのがその主要因でした。5営業日毎日のように値つかずのストップ高を繰り返し、3000円直前で、初めて値段がついたのでした。

 私は、かなりの含み損になっていましたが、資金的には余裕があったので、その高値で、売り増しをしました。それから数日後に、株価が下がり始めたのですが、そこで、売り禁の措置がとられ、1円程度の逆日歩まで発生しました。どうしようか迷ったのですが、それから数日間、株が下げたこともあり、結局トントンの水準で、手仕舞いをして、難を逃れたのでした。

 何で、こんな話を書くかというと、ゴールドウィンがまさに、このような状態となっているのですね。SPEEDO社の水着の販売をしている同社ですが、このような材料で上がるわけがないと思う売り筋が、一気に担がれています。昨日売り禁になり、逆日歩も15円もついています。

 まず、時価総額が、200億円にも満たない株を空売りすることは地獄いきを意味するものであることをよく認識する必要があります。また、浮動株の少ない銘柄ですから、資金的にも余裕がないと、すっ高値での買い戻しになるリスクを十分認識しておかないとどうしようもないことになります。

 今日も気配値をどんどん切り上げています。値段はつかないことはないと思いますが、ストップ高近辺まで株価が上昇することでしょう。気をつけたいものですね。。。。。