日本市場は世界の先行指標!

 某外資系のアナリストの話を聞きました。日本市場は、世界の市場の「先行指標」として下げているのではというお話です。概略は以下の通りです。

 1)日本の内需は少子高齢化で成長が望めない市場であり、外需次第で動く市場となっている。ここ数年のアメリカ経済をエンジンとした新興国の経済発展によって、日本経済も潤ってきた。ところが、サブプライム問題等によって、米国との交易によって潤っていた新興国市場の経済に影響がでてきているのを先取りして日本市場が下げている。

 2)円高が進行しているので、米ドルベースでみた日本株はそれほど下げていない。米国の長期投資家である年金なども換金売りをだしやすい。それが、10月下旬の武田薬品や携帯電話部品の村田製作所の売りにつながった。

 3)中国などでも、不動産の価格上昇を抑える政策がなされているが効果がでてくるにはあと1~2年くらいはかかるだろう。ただ、日本は、金融庁などがバブルの経験などもあり、金融機関をご指導することによって不動産価格の上昇を簡単に抑えることができている。

 4)昨年の8月に日本株は天井を打ったが、それに遅れて、米国や新興国も天井を打った感じがある。日本株に割安感があるというが、今後の景気減速による企業収益の悪化を先取りして下がっている可能性が高い。

 5)2002年からの日本景気の拡大は、高度成長期と同じように、外需に依存して回復してきた経済状況であり、特に、米国経済の失速の影響を一番受けやすいのが日本市場である。米国の自動車販売の低落などから日本の外需の典型である自動車関連が売られるのはもっともなことである。

 この話を聞くと昨日の某官房長官の日本株の下落は外的要因によるものであり、景気はしっかりとしているという話は戦前の「大本営発表」のように聞こえますがいかがなものでしょう?

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する