損切り(ロスカット)&手仕舞い!

 ここのブログで、「システムトレードに損切りが必要か?」ということが議論されているので、ちょっと書いておこうと思います。

 私は、外資系の証券会社勤務時に、CTAも含めたヘッジファンドのアレンジをやっていて、いろいろと思い出すことがあります。システムトレードを使うヘッジファンドでも、ロスカット(以下 LC)と表現することもあれば、ポジションクローズ(日本語で「手仕舞い」 以下 PC)という言葉を使うファンドがありました。ヘッジファンドマネージャーは、利益の場合と損切り両方ともPCという言葉を使うことがあります。裁量トレーダーのほうが、LCという言葉を多く使うようです。

 私の経験論から言えば、あまりLCという言葉を進んで使うシステムトレーダーはいませんでした。LCルールはあるのかと問えば、必ず、PCというのはあるが、LCはないと答えるほうが多かったですね。仕掛ける際には、勝ち負けは別にして、必ず手仕舞いを想定してやるんだということです。

 また、長期的に儲かっているシステムトレードほど、いくら過去のデータでシステムトレードを追及しても結局はどうどうめぐりになる可能性が高いし、上がるか下がるかの確率は、いつにおいても 50:50であるというような回答が多くありました。

 じゃ、彼らがどのように儲けるかといえば、儲かる場合には、大きめのポジションないしは値幅を大きくとり、損する場合は、小さくするという当たり前の回答でした。そのための方法論として、大きく儲かるときには、ポジションを大きく取れるようにして、損をするときには、小さくするというものか、あるいは、損する時期には仕掛けないというのがたいていの回答でした。

 究極の回答は、メリット(追い風の吹いているところでやる。)の大きい方でやるという回答です。何度かブログでも書いていますが、金利分ディスカウントされているものを買えば、時間を見方にでき、勝利する確率は、50:50以上になるというものでした。これは前にも、JHのことで書いたことがありますが、JHは、単純な2つのシステム運用ですが、このように有利な状況でトレードすることが長期に成功する秘訣であるということですね。

 今回の議論の中には、LCが強調されていて、私からみると土屋さんは、たぶん、PCというものが通常で、LCは設定しない。あいこさんとか、池田さんの場合は、LC=PCのような気がしますが、いかがなものでしょうか?勘違いな部分もありそうですが、お許しください。(-_-;)

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 確かに土屋さんの視点と、いちのみやさん・池田さんの視点はずれているような気がします。
    見た感じでは、土屋さんもLC的なことを言ってるような気がするんですが・・・。
    ただ、土屋さんは、あくまでも「トレードのルール構築の際」に限定して、言及しているように思います。システム構築の際には、あくまで「一定のパターン」「決められた期間の経過」「逆方向もしくはニュートラルのシグナルの発生」等で行うべきもので、LCを入れて行うべきではない、としています。土屋さんは、LCを入れることで非常にレアなケース(大負けトレード)をカットしてシステムを構築することは、都合よく最適化することであり、将来に対する再現性を低下させるといっているように思えます。
     さらにまともなシステムであれば、いちのみやさんが言うように、LCをいれると成績が落ちてしまいます。しかし、土屋さんの③では「切りルールの策定は常にバックテストの結果を「素のルール」よりも良好な側へと導く」と書かれ、LCによるカーブフィッティングを示唆した内容で書かれています。非常にまれにしか起こらないLCポイントを採用したところで、統計的な結果は将来期待できない、といっているようです(LCの頻度や設定にもよるかとは思いますが・・・)。
    また、いちのみやさんも「LCを入れると成績が悪くなる」、「LCは保険(安心感を買う)」としているところから考えると、基本的な部分は同じで論点が違うというだけに見えます。システムトレードはリスクを定量化することに意味があり、心理面を含む個々人のリスク許容度は十人十色なので、損切りを必要かどうかは(保険と同じ)使う人次第で間違いも正解もない様な気がします。
    今回、論点がずれた原因は、土屋さんの記事のテーマと内容の乖離にあるんではないでしょうか?