システムトレードのアイデア!

 システムトレードのアイデアは、結構、これまでの帰納的方法によって、経験していることをシステム化する方法が多いと言われています。実際にバックテストしてみるとほどほどにいけそうだということにいきつくことが多いようです。

 しかしながら、システムトレードのテストにモンテカルロシミュレーション(適度な乱数を発生させて、検証するテスト)結構ダメダメになるシステムアイデアが多いのです。それでも機能するようなシステムであればこれは本当に凄いと言わざるを得ません。逆に、オプションバリューの計算においては、ブラックショールズ理論とモンテカルロシミュレーションの値とはかなり近くなるというのも面白いことだと思います。

 ある程度の期間では、例えば、長期的にみれば、その間はずっと上げ相場であったとか、下げ相場であったとかということが結構影響することがあるようです。ある人から、あいこさんが自身の書籍に載せている日経ダウシステム運用に関する話を聞いたところ、アメリカ株と日本株で動きに連動性が高くなってきた1998年頃からのデータで検証すると結構儲かるようになるけど、日本株が独自に相場形成していたような時期(日本のバブル期)では儲からないそうです。

 この点については、システム運用は時期によって、調整が必要か必要でないかという果てしない議論の対象になりそうなので、これくらいにしておきます。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。