歴史は繰り返す!

 私が高校時代に、担任で英語の先生であった方がよく話しいたことです。もとは、英語の表現で、History repeats itself. だったと記憶しています。実は、このブログをみた方から、中国のバブルも日本のようなバブルのようになるのですか?という質問がありました。私は歴史は繰り返されると考えています。

 このブログにも中国の不動産市況がおかしくなり始めたという記事を紹介していましたが、年明け以降かなり悪化しているというニュースもあります。実際、アメリカで起こっているサブプライムにしても同じような現象と考えていいのではないでしょうか?

 景気がいいとかならずバブルが発生します。金融機関などもリスクがとれるようになり、大きなリスクを過小評価して融資をするようになります。今回のアメリカのケースも中国のケースもよく似た状況です。じゃ、日本のように10年間も暗黒の時代が続くかという問題ですが、これはちょっと異なると思っています。どちらの国も成長をしており、成長に沿って、徐々に問題は解消されていくでしょう。

 先週の日曜日に、勉強会を催した際にも、私は、最後の円高がくるので、値段の下がっている海外(主に米国)不動産投資をしようというお話をしました。私自身も現在保有している現金で、円でローンを組んで、米国不動産投資を画策しています。数年後には、あの時買っておいて本当によかったという状況になっていると確信しています。失敗してもノンリコースローンですから、頭金を失うレベルの問題ですので。

PS
   ↑ いい物件をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する