日本は社長も管理職ではないかも?

 池田さんや幸せな投資家さんがマクドナルドの店長は管理職かどうかという話をされていますが、報酬面からみると、アメリカの場合は、銀行などでもCEOなどの上位管理職の報酬は、数十億円(場合によっては、百億円単位)単位のものもあります。通常の社員との格差は、100倍から10000倍くらいあります。日本の大手銀行の頭取の報酬は、1億円程度ですから、平均給与のいいところ10~20倍くらいです。

 このような例はアメリカのマクドナルドなどをみても歴然としています。ただ、日本マクドナルドは、それほど大きな格差はありません。アメリカの例は極端かもしれませんが、管理職の給与は、そのリスクには比例していないのは確かなような気がします。

 いずれにせよ、この問題は日本企業にとっては由々しき問題であり、人件費というコスト削減をして、最高益を更新してきた企業の論理が変化することは間違いありません。もともと、付加価値が少なく、競合の激しい産業(外食産業や中小の製造業など)への影響は大きいと考えるのが普通でしょうね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。