コスト高について!

 ぎょうざの農薬混入問題等が大きな話題になっていますが、テレビで、もし全部日本産のものを使ったらどうなるかという比較をしていました。なんと、中国産に比較して、約5~7倍くらいのコストになるのです。一袋100円くらいのものが、500円から700円です。これではただでさえ所得が減少している家計の負担がさらに大きくなりそうです。

 また、鉄鋼製品の原料となるくず鉄の価格も、4万円/トンくらいに上昇しています。日本から中国に輸出される量も半端な量でないそうです。もちろん、国内の需要もありますが、中国の需要が強く、入札すると中国へ持っていかれるようです。同じような現象は、水産物についても起こりはじめており、中国のすしブームもあり、トロなどは高値で中国へ行くようなケースが多々あるようです。

 このような状況からみると円高も悪くはありません。あまり円安になってしまうと輸入物価が大きく上昇して、企業のコストも増大するという面もあり、ひいては、インフレ要因となることもあるからです。すでにインフレ気味になっている日本の現状からすれば、しばらく円高であったほうがいいということでしょうか。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

コスト高について!

 ぎょうざの農薬混入問題等が大きな話題になっていますが、テレビで、もし全部日本産のものを使ったらどうなるかという比較をしていました。なんと、中国産に比較して、約5~7倍くらいのコストになるのです。一袋100円くらいのものが、500円から700円です。これではただでさえ所得が減少している家計の負担がさらに大きくなりそうです。

 また、鉄鋼製品の原料となるくず鉄の価格も、4万円/トンくらいに上昇しています。日本から中国に輸出される量も半端な量でないそうです。もちろん、国内の需要もありますが、中国の需要が強く、入札すると中国へ持っていかれるようです。同じような現象は、水産物についても起こりはじめており、中国のすしブームもあり、トロなどは高値で中国へ行くようなケースが多々あるようです。

 このような状況からみると円高も悪くはありません。あまり円安になってしまうと輸入物価が大きく上昇して、企業のコストも増大するという面もあり、ひいては、インフレ要因となることもあるからです。すでにインフレ気味になっている日本の現状からすれば、しばらく円高であったほうがいいということでしょうか。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。