レイコフの倒産!

 レイコフの倒産を見て感じたことは、意外とPBR 0.2倍、PER 1倍などといって、買った個人投資家が多かったようです。このような現象は、98年以降の倒産した企業に多いものでした。当時は、ある程度の会計操作が可能であったこともあり、借入金が多くあった企業の業績に関しては、投資家が疑心暗鬼になっていて、このような指標が安くても下がる銘柄が多くありました。現状も同じような状況と考えてもいいかもしれません。

 割安感があるということはそれなりのリスクがあるということですね。問題がなく伸びている企業は基本的に割高感があるということもまんざらうそではありません。というようり、私はそのようなものだと信じています。成長株投資には必ずプレミアムという割高感を感じるような何かがあるという事実もあります。

 3月までに倒産するといわれている不動産業者はまだありますので、このセクターへの投資は要注意です。昨日ストップ安まで売られた○○○○○○などもその候補かもしれません。

 また、闇社会とのつながりを摘発されるケースや悪徳商法で摘発されるような会社についても投資対象とすることは避けるのが懸命な選択です。当たり前ですがね。。。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。