投資経験のある不動産投資家へのローン!

 前に、都銀などの融資姿勢の変化について書きましたが、複数の不動産投資をしている投資家に対するローンについては、以下で計算されるような融資の上限が設定される感じです。たとえば、不動産投資家A氏が新規物件に投資する場合には、

1)投資済み物件
物件評価額 5000万円 取得5年前 ローン残高 3800万円 (当初取得額5500万円として)
2)新規投資物件
物件価格 6000万円 手持ち資金 1000万円 借入想定額 5000万円

1)物件については、自己資本は、5000万円-3800万円=1200万円x80%=960万円
2)1000万円の自己資本として、合計で自己資本は、1960万円(960万円+1000万円)x4(最大融資倍率)=7840万円(最大融資可能額)
7840万円-3800万円(既存借入額)=4040万円 (既存借入控除後融資可能額)

 上記のような計算になり、新規に取得する物件を購入する際には、借入想定額の5000万円は借入ができず、最大で4000万円くらいが借入可能額となります。 

 既存物件の評価をして、評価額が当初取得額を上回る(評価益がでている)場合でも、評価の上限が原則、当初取得額とされるようで、含み益については、ローン上限額の計算には参入されないようです。

 このような感じなので、実際には、既存物件で当初の自己資本と保有期間でローンを返済した額の80%が自己資本として計算されるような方法のようです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. いつも貴重な情報ありがとうございます。
    これからも楽しみですワ♪