相場予想 ケース3 (楽観シナリオ)!

ケース3 (楽観シナリオ)は、以下のようなストーリーです。私としては、こうなる確率は、20%以下ではないかと思われます。

—————————————————————–
 オバマ政権移行後、これまであまりに悪かったアメリカ経済は、自律的に立ち直り始め、オバマの政策によって、強さを増してくる。本格的な回復は、6月くらいからみられるようになる。こうなると円高は、3月には、収束方向へ向かい、4月には、100円を超えるレベルまで回復する。対ユーロでも、4月には、130円台を中心とするレンジまで回復する。

 米国経済の立ち直りが想定よりもかなり早くなったこともあり、3月末には、日経平均は、10000円を回復して、さらには、国内の景気対策の効果もあがり、10月頃には、日経平均が、12000円くらいまで上昇するが、年末には、若干調整を入れて、11000円くらいで、終わる。

 麻生政権は米国の景気回復に助けられて、たいした経済対策ではなかったが、5月くらいまで延命されて、再び、自民党を中心とする新政権が生まれ、改革もなされないまま増税路線へ突き進み、結局つけを2年後の消費税増税時期へと引き伸ばしたに過ぎない結果となる。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。