チクロは無害と薬品のネット販売!

 小学校に通っている頃に、「コーク(コカコーラ)にはチクロは入っていません!」という広告をみて、なんでだろうと感じていました。当時教えられたことは、チクロというのは毒なので、飲んではいけませんということだけを教えられた気がします。しばらくして、それが、発がん性があるから危険なものだということを学んだ覚えがあります。

 ところが、このチクロという甘味料は、まったく発がん性などがないことが2000年頃に証明されました。しかしながら、日本ではこの話がまだ残っていて、チクロを使ったような商品は企画されていません。ある意味、発がん性のないことが証明されても日本ではほとんど報道されていません。ここ数年の砂糖の値上がり等もあり、ヨーロッパなどでは使用されているようです。

 ある意味、一種の風評被害ということですが、このなうな証明しずらいことに関しては、疑いがかけられると企業としては生き残るのがたいへんということになります。こんにゃくゼリーに関しても、確かに、数人がこれをのどに詰まらせて犠牲者がでていますが、それよりも数百倍も、もちをのどに詰まらせて死ぬ人が多いことに関しては、報道を避けているような感じもします。

 このようなことは、お上にたてつくような企業に対して、お上が天罰を下すようなケースに多々見られるような気がしてなりません。小泉構造改革に関しても、同じようにいい点は強調されずに、格差社会を作ったなどという悪い点ばかり強調して、再び官僚管理社会を作り出そうとしている官僚のしわざのような気もします。

 ネットでの薬品販売についても、安易に販売を許して、厚生省などの責任を問われることを回避するために、ネットでの薬品販売を禁止しているように思われます。実際に、私は、ドラッグストアーへ薬を買いにいってもそれほど詳しい説明を受けたことはありません。風邪くすりでいいのありますかといえば、適当にこれいいですよ。くらいの返事しかありません。

 このような状況と、ネット販売は変わることがないし、副作用の強い薬については、医者の処方箋がないと買えないようにしているのに、どうしてなのでしょうか? もちろん、用法とは異なる方法で大量に飲むとかそういうことをやれば危険なことはあたり前だと思いますが、そのくらいのことは、わかると思います。

 もちろん、このような薬で問題が発生された方もいますが、これは、こんにゃくゼリー問題と大きく異ならない感じがします。まったく事故のないものなんて、薬品だけではなく、すべての食品にもないと思います。

 このところ、官僚などは、庶民感情をあおって必要以上に、社会の管理が必要になるように仕向けている気もします。厚生省では、このような被害にあわれた方の報道を主にして、薬品のネット販売は悪のように操作しているような感じもします。管理が必要という社会は、官僚などが大手を振ってかっぽできる社会なので、そのコストたるや膨大なものになるということも認識すべきではないでしょうか。

 私はこのHPにて、ネットでの薬品販売にも署名しています。みなさんもよかったら署名してください。よろしくお願いいたします。

http://event.rakuten.co.jp/medicine/net_signature/

Comments

  1. チクロは安全って貴殿が証明したのでしょうか?
    他人の言うことをまともに信じていたら、いつまでたっても初心者投資家のレベルを抜け出せませんよ!がんばってください。