CO2は温暖化の原因ではない???

 ちょっとしたニュースだったのですが、桜井良子氏が、週間新潮にCO2は温暖化の原因ではないという話を書かれていました。

 日本は、京都議定書によって、いろいろと国際的に拘束されていますが、現状を考えると日本などの国へ負担を増やすような欧州の政策に踊らされているだけではないかという点が気にかかります。もちろん、NHKなどのマスコミの姿勢も考え物ですが、このような観点からものをみるということもとても大切だと思います。

 実際に、CO2問題で、日本企業の負担はかなり大きくなっており、業績面での懸念事項になりつつあります。実際に、温暖化の原因はCO2でないということになり、CO2への対応が突然変わるような事態となる可能性もあると考えてよさそうです。

 これまで、日本政府と日本企業は数兆円のお金をかけていろいろと対処していますが、もしCO2問題が温暖化の原因ではないとなれば、どのようなことになるのでしょうか? 政府などの官僚は自分のミスではないという取り繕いばっかりして、逃げるというのがこれまでの慣例ですね。

 いずれにせよ、日本企業にとっては負担の大きいCO2問題ですが、もしこれが、別の方向へ動きだすとするとメリットは大きいと考えてよさそうです。

 何事も鵜呑みにせずに疑ってみるということはとても大切なのかもしれませんね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. 僕も疑いの目で見ています。
    地球の長い歴史から見れば、この程度の気温の変化は、特に異常とは思えませんし、よく温暖化の証拠として例示されるCO2と温度の図も、CO2濃度が大きくなったから温度が上がっているという一方的な説明しかしません。逆に、温度が上がったら、CO2濃度が大きくなっていると説明することも可能なのにねぇ(液体に対するガスの溶解度は、温度が高くなるほど小さくなるため)。