ケネディクス投資法人の減配!

 ケネディクス投資法人が、4月7日に減配の発表しました。にもかかわらず、かなりの勢いで買われるようになっています。減配とはいっても、売却損の計上によるものですが、リファイナンス等に問題があるために、リートとしては売らざるを得ないと考えたほうがよさそうです。

 運用会社の立場としては、売却損は、助言手数料がまったく入ってこない取引となりますが、リファイナンス等のためやむをえないものと考えているようです。

 今後、新興不動産会社が設立したリートについては、このような資産売却が続きそうな感じがしますが、ある意味、合併が実現するまでのつなぎとしての売却というようなスタンスではないかと考えています。

 昨日も新興不動産会社系のリートがかなり上昇して、そろそろ無理にまで買っていく水準まで上昇してしまった感もありますが、8%以上の利回りのあるリートについては、もうしばらく水準訂正がある気もします。。

 本当に早い動きなので、自分でも考えてしまいます。投資チャンスというものはあっという間に消えていくものかもしれませんね。

 そうだったとしても、株式市場はまだまだ買える銘柄がたくさんありそうです。しかしながらその中から本当に今後の期待できる銘柄をピックアップすることが成功の秘訣となるでしょうね。全銘柄があがるよりも、業種や個別銘柄が上昇するのが、暴落後の特徴とも言われています。このことに関しては、また明日にでもブログに書きたいと思います。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 超初心者 says:

    はじめまして。
    野村REの分析の仕方を参考にある銘柄を一口買いました。キャップレートなのですが、なぜ7%なのか
    もしよろしければ教えてください。
    分配金の8%で割り引くのは何となくわかります。
    よろしくお願いします。
    こらからも頑張ってください。