ニューシティレジデンス!

 破綻したニューシティレジデンスの買収詳細のレポートをみました。買収総額のうち約63億円は、既存投資家の持分をTOBするということで、一口あたり35000円のTOB価格です。

 既存の借入については、5年で全額元本返済するというプランですが、これであれば、たぶん再上場は可能と考えてもいいかもしれません。

 このことによって、リートは破綻しても実質的に価値があることが証明されたことが先週のリート価格の大幅な上昇につながったようです。

 逆に問題になるのは、救済合併のケースのようです。大手不動産会社の運用するリートは、評価額が高いため救済される側のリートの不動産をどう評価するかということのようです。評価額次第では合併比率が逆転する可能性もあるので、要注意です。

 このようなケースがあるとすると、大手不動産会社の評判リスクに飛び火する可能性もあるので、大手不動産会社系リートが合併を嫌がる可能性もでてきます。

 ダヴィンチもなんとか3月危機は乗り切りましたが、パシフィックセンチュリープレイスの売却問題などを抱えており、油断できない状況であるのことは間違いないようです。

 あと数ヶ月すれば、このようなことも明確な答えがでてくると思われますので、それまでがリートの買場となる可能性は高いのではと思われます。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。