ニューシティレジデンス!

 破綻したニューシティレジデンスの買収詳細のレポートをみました。買収総額のうち約63億円は、既存投資家の持分をTOBするということで、一口あたり35000円のTOB価格です。

 既存の借入については、5年で全額元本返済するというプランですが、これであれば、たぶん再上場は可能と考えてもいいかもしれません。

 このことによって、リートは破綻しても実質的に価値があることが証明されたことが先週のリート価格の大幅な上昇につながったようです。

 逆に問題になるのは、救済合併のケースのようです。大手不動産会社の運用するリートは、評価額が高いため救済される側のリートの不動産をどう評価するかということのようです。評価額次第では合併比率が逆転する可能性もあるので、要注意です。

 このようなケースがあるとすると、大手不動産会社の評判リスクに飛び火する可能性もあるので、大手不動産会社系リートが合併を嫌がる可能性もでてきます。

 ダヴィンチもなんとか3月危機は乗り切りましたが、パシフィックセンチュリープレイスの売却問題などを抱えており、油断できない状況であるのことは間違いないようです。

 あと数ヶ月すれば、このようなことも明確な答えがでてくると思われますので、それまでがリートの買場となる可能性は高いのではと思われます。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する