ちょっと気分の悪い下げ!

 NY市場は、バンカメの決算発表を受けて、大きく下げました。特に、クレジットカードの貸し倒れ引当金が大きく増額されたことが影響を与えたようです。これまでは住宅関連の債権の引き当てが主でしたが、個人消費を牽引していたクレジットカードが今後も悪化する可能性が高くなることを示唆しているということのようです。

 証券化商品の引き当てなどは、時価会計の緩和措置などもあり、減少傾向になっているようですが、自動車ローンやクレジットカードなどの引き当てが増えるということは引き続き厳しい経済状況の反映ということにほかなりません。

 このような状況下で、円高も進行し始めています。チャート的には、崩れた相場を形成しているのがユーロですので、しばらくは、120円台での攻防ということになりそうです。米ドルについても、95円を割れるような状況も想定すべきかもしれませんが、日本経済も悪い状態なので綱引きとなりそうです。

 リートに関しては、ニューシティレジデンスの新スポンサーの決定を受けて、パシフィック系の2つのリートのスポンサーの決定ということを市場がみているようです。日本レジデンスが野村不動産などという具体的な名前まででてきているようです。

 今日は、投資不動産の契約で、忙しい日になります。市場をみている間はありませんが、自動車&金融関連は大きく売られそうですね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。