株式投資勉強会!

 今日は、毎月恒例の株式投資勉強会をやっていました。今日の主題は、「株式投資で、P&Fチャートをどのように利用して儲けるか」ということについてでした。

 株の場合は、P&Fチャートだけでなく、ファンダメンタル(業績)をよくみて、投資することが重要であることをよく話しておきました。

 投資家けーちゃんが分析したレオパレス21についてもどういう投資戦略で考えるかも話しをしました。けーちゃんも納得してくれたようなので安心しました。それにしても、日本の不動産市況はどうなるのかと心配になるような話を勉強会のあとで、みんなでしていました。。。。。。

ギリシャを笑えない!

 ギリシャを笑えない状況にある日本。菅財務大臣が突然発言した消費税増税。先週発表された所得増税を検討しているというニュース。それに加えて、地方財源を増やすための固定資産増税など、今後数年で、かなりの増税が想定されます。どうやら2010年代は日本では大増税時代になりそうです。

 まず、消費税は数年後には、10%くらいになり、2015年以降には、15%くらいになることを想定しておいたほうがいいかもしれません。現在の消費税歳入は、約10兆円なので、10%になれば、約18兆円、15%で、24兆円くらいの歳入増にはなるでしょうね。消費税は、高くなるのと消費額も減っていくので、一律に増額という計算にはならないようです。

 加えて、所得税も増税となれば、国民の税負担率は、世界一になりそうです。消費税などの間接税の高いヨーロッパでも、所得税は、日本に比較すると10%以上低く、かなり重税感が強くなります。一時期のイギリスのような状況ともなりそうです。こうなると経済は税負担で、不活性化していきます。自由に使えるお金が減っていくので、経済は収縮していく以外にありえないシナリオとなりそうです。

 なのに、民主党は、経済の活性化よりも、選挙に勝つための個人へのお金のばらまきを続けていきそうです。民主党があると主張していた埋蔵金は想定の1/3もなかったという説もあり、このままでは大増税時代がくるのは間違いないと考えたほうがよさそうです。

 JALの年金問題と同じように、現在の年金受給者は、自分の年金が減ることについては大反対して、政権も年寄り優遇政策をとる政権が有利となり、大きな変革は望めないでしょう。そうなると最後は、インフレによって調整せざるを得ない状況となるのはないかと思われます。

 その場合に、不動産などの現物資産を持っているといいのではというアイデアが浮かびますが、これに対しても、固定資産税の増税や新税の創設によって、調整するという政策が採られる気がします。これくらいのことは過去のインフレでいろいろと経験しているので、頭のいい官僚などは、不動産の所有者だけが、メリットを得るような状況にはしないと思われます。

 数年前に日本がアルゼンチンのようになるという話がありました。これまでは、個人の巨額な金融資産によって、補填されているような状況で、アルゼンチンのような状況にはならなかったのですが、あと10年もこのような状況が維持されるということはありえないと思っていたほうがよさそうですね。

鬼怒川ゴムのチャート!

 何とかチャートを載せることができたので、載せておきます。ここからどうなるかということは私にも予測できません。この株は仕手性の強い株といわれていますが、今回の上げは業績面での大幅な改善があるだけにいい脚をしています。

 これからも注目していきたいと思います。

アメリカの利上げ!

 なんとなくサプライズのあるアメリカの利上げでした。この状況での利上げの意味するものは、将来のインフレ抑制が必要ということかとも思われましたが、ロイター等の記事をみると、金融機関がFRBではなく、市場からの資金調達を促すために利上げしたということでした。

 もちろん、市場金利も上昇するので、全体的には、米ドル安状況からの転換が想定されます。しかしながら、経済の先行きが不透明な場合には再び利下げする可能性もあることから、もう一段の利上げがあるまでは、米ドル安が止まるということに関してはみておく必要があるかもしれません。

 いずせにせよ、世界的な円高というのが止まる可能性がでてきたアメリカの利上げと判断していいかもしれませんね。

ロバート・キヨサキ!

 ヤフーで連載されているロバートキヨサキのコラムをご存知ですか? このコラムはいろいろと面白いタイミングで面白いことが書かれています。

 逆説的なこともたくさん書かれていますが、2008年3月には、彼がアパートを買ったことが記載されています。チャンスは危機のときにあるということを彼自身が実行しています。

 お金持ちになるために役に立つことが多く書かれています。最近は不定期更新になっていますが、過去のコメント等を読むと参考になることがたくさんあります。

 彼の著作物を読むよりも無料で参考になることがたくさんかかれていますので、是非お読みください。

今日はいい感じでした!

 今日は、いい感じで保有していた銘柄が上げています。ちょっと前にいいチャートとして紹介した鬼怒川ゴムがようやく、ボックスを抜けて新しい領域に入ってきました。

 昨日、少しポジションを落としてしまったのが残念ですが、今日もう一度期を取り直して、ポジションを増やしました。このように、チャートをみても出来高が細って怖いなと思われるところから、一気に出来高を伴って棒上げするようなこともあります。

 このようなケースは、このレベルで売り逃げたいという人の売りがある程度処理されてから上げるというパターンかもしれません。いずせにせよまだまだこの銘柄は追っかけていく予定です。

ハーフパイプ!

 今日は、オリンピックスノーボード「ハーフパイプ」競技をみていました。ゲームは、アメリカのチャンピオンホワイトの連覇で幕を閉じました。彼は4年前のトリノでも優勝していますが、彼が凄いのは常に新しい技を開発して、他の競技者がそれを真似して追いかけるという競技の支配者になっているのです。先駆者として、この世界を支配しているのは、数年前のマイクロソフトそのものという感じですね。

 企業でも同じで、やはり新しい画期的な商品を開発し続けることは競争の中で勝っていくのに非常に重要なことです。過去のパナソニックのように、他社が開発した商品をまねしてちょっといい商品をつくるという手もあります。

 また、革命的商品を開発した会社というのは他の追随を許さない状態となります。例えば、マイクロソフトもOSという部分ではここ20年ぶっちぎりの快走。しかしながらこのような企業もまったく新しいDNAを持った企業に超えられてしまうことがあります。今のグーグルです。私も気付かないうちに、グーグルのクラウドコンピューティングに毒され始めています。メールはすべてグーグルメールで受信するようになりました。データもグーグルに保存しています。

 このように、企業も動物の進化と同じように、進化を続けることと、一定の期間市場を支配したとしてもやがて、別のDNAを持った企業にとって変わられるようなことがあるということを知っておくことは重要かもしれませんね。

フォロースルー!

 今日は、ウイリアム・オニール流でいうと、4営業日後にフォロースルーがでて、しばらくは上昇相場になりそうです。ポジションはなんとか維持していますが、今日の上げで一安心です。

 ちょっと時間がかかりすぎているのが気にかかりますが、個別株についても、なんとかボックス圏の上まできているので、今週中にここを抜けることを期待しています。唯一ちょっと思惑と異なったことは、鬼怒川ゴムの第3四半期の経常利益が少し悪かったので、このあたりが、思惑よりは悪いので少し心配しています。

 もう一銘柄に関しては、最大ポジションを抱えたまま、もう2週間くらい経過しています。なんとかボックスを抜けて、上昇することを期待しています。

 

株は儲からない???

 この前、国債を買いたいという質問があった方からですが、「株は儲からないからやらない」という話をしていました。まったくその通りです。日本では、過去20年にわたって、市場全体の動向をみれば、儲からないのは当たり前です。

 1989年に高値をつけてから、日本株はずっと右肩下がりです。いつかはあがるという期待はありましたが、結果的には、下げ続けています。NYダウは、90年に2700くらいが今でも、10000を超えていますので、4倍にはなっています。インフレを考慮しても、2倍くらいにななっています。

 このような環境下でも儲けるにはどうするかということを考えると、日本でも成長していく株はあるということを頭に入れておく必要があります。例えば、ヤフージャパンとか、ファーストリテイリングとかは、上場時から比較すれば、10倍とか200倍とかになっています。

 このような観点からみれば、日本でも成長株という投資方法はありますね。ある意味、市場がどうであっても伸びる会社は伸びるのだという原点に立ち返るべきかもしれません。しかしながら、買うタイミングという観点は非常に難しいかもしれませんね。

 そういう意味からは、高値をとってくる株というのは何か大きな理由があってそうなっているということを理解することが重要です。何か新しい変化があるから、ここまで会社が評価されて高値をとってくるということになるのです。

 この株は高いから買わないということではなく、この株は高いのは何か理由があるのだと考えると株式投資の面白さを味わえる可能性が高くなるということを念頭に置くと株式投資というものの楽しさがわかるようになるかもしれません。

特定口座!

 確定申告の準備をしています。知らなかったのですが、特定口座は、2年間ほど株式などの証券の取引がないと廃止されてしまうのですね。。。知りませんでした。

 この口座は、ETRADE証券からいつの間にか、SBI証券に変わっていて、現金のみを預けていました。なので、口座は問題ないと思っていたのですが、証券の預かりが2年以上なかったことから、特定口座ではなく、一般口座に移行していました。

 面倒ですが、毎月の報告書を集計して、確定申告をする必要がでてきました。あーあ。。。