張り付いてはいけない!

 今日は、一日出かけていました。株式取引をしないように、バイクで首都高の渋谷線から先週の土曜日に開通した路線を走ってみました。正直円形カーブばっかりで、バイクでは怖かったですね。結構、後続の自動車にプレッシャーをかけられて、速度80Kmでも怖いのに、90Km以上出していました。この大深度地下の首都高の中は、気温が16度くらいあって、外を走るよりは暖かくてよかったですね。

 午後5時前にうちに戻り、株式ポジションをチェックしましたが、先行して上がっていた銘柄が売られていましたが、まだボックス圏にあり、これらの銘柄も様子見します。全体としては、某新興株が爆上げしていたので、昨日比プラスでした。明日は、ちょっと買い増ししょうかと考えていますが、カードローンのキャンペーン金利(3%くらい)も今日で終わりなので、一括で返済しようかと考えています。

 オーストラリア&ニュージーランドの不動産投資もいろいろと物色しているのですが、円安が進んできたので、通貨という面では、どちかかの通貨に絞らざるを得ないかなと考えています。

 明日もいい相場が続くと思いますので、できるだけ、ディスプレイとはにらめっこせずにいたいと思います。

 

郵貯2000万円!

 多くは語られていませんが、郵貯改革の大改悪になる可能性もでてきました。郵貯で儲けようということで、貯金の上限が2000万円になりそうです。

 一応、政府保証に近い郵貯なのですが、民間銀行の預金保険よりも1000万円も多く預けても、保護されるという理解になりそうです。これでは民業圧迫になる可能性が非常に高くなりそうですね。

 もし、郵貯も預金保険機構などに、ちゃんと保険料を積むようにすればいいかもしれませんが、現状のままでは、民間銀行が競争しても不利になるのは間違いありませんね。

 簡保の上限の引き上げも同じですね。大きな政府がいいことでしょうかね。

セミナーが決まりました!

 今日は、エンジュクの社長様と打ち合わせをして、セミナーを決めました。それも、ネットセミナーなのでネット環境であれば、誰でも受講できるセミナーです。相場が、3分咲きくらいなる4月中にやります。

 もうすぐ、エンジュク様からも発表があると思いますが、急ぎの方は、メールすれば優先参加権が得られると思いますので、よろしくお願いいたします。

11000円越え!

 日経平均は、11000円という節目もなしに、軽くこのレベルを超えてきました。簡単なものですね。強いときには、騰落率なども過熱したままの状況で上がっていきます。個別株も強い株は、RSIなどが100近くに張り付いたまま上昇していきます。

 このような市場環境はめったにありません。私の持ち株も、3銘柄が高値を更新して、快調です。しばらくは売買もせずにみているだけとします。こういうときには何にもせずに、座ってみているのが一番儲かります。それにしてもこのような投資環境下で、投資できることを神に感謝しなければなりませんね。

第一生命の不払い隠し!

 第一生命の職員が大量の保険料の不払いを隠しているという内部告発があったようです。上場まじかのタイミングというのがどうかなという感じがします。

 上場を今週木曜日に控えて、このようなことがニュースとなるのは、何かあるのでしょうかね。

J-REITについて!

 ある方から、日本市場に上場しているJREITの投資はどうなのですか?という質問を頂きました。簡単に答えておきます。なんかJREITで儲ける方法のような書籍も発売されているようですね。

 私は、某JREITの値上がり益を享受して、去年はJREIT投資でとてもハッピーでした。去年の3月頃は、運用会社の親会社であるパシフィックマネージメントなどの破綻なもあり、JREITがかなり割安な水準におかれていたことが要因と考えています。

 当時は、JREITの全体の平均利回りが年率換算で、10%を超えていた時期でもあり、現物不動産投資をするよりも換金性も高く、有利と思われる時期だったのです。現在は、7%弱くらいが全体の平均利回りで、これに将来の不動産市況の悪化を勘案すると、それほど有利な投資ではないと判断しています。

 去年は、リートの賃料収入の下落などが顕在化しはじめた年でもあり、想定利回りが大幅に低下したJREITも結構ありました。今年に入ってこれがまた増えている状態です。下位のJRIETでは生き残りをかけた合併なども起こっています。

 このような状況であり、今年はJREITには投資する時期ではないという判断です。個人的にも日本の不動産に関しては、売り方向でいることもあり、JREITは投資対象としていません。

私は外人じゃありません!

 私は、2月の中旬から日本株を本格的に買っています。先週、区切りをつけて一段落した銘柄も再び追いかけています。去年は、リートでかなりのポジションをとっていましたが、今年は、そのリートのポジションの最大値の2倍くらい日本株を買っています。ゆうなぎさんが書いていますが、外国人のみが買っているようですが、私も日本人として買っています。おそらく、BNF氏も十億円単位で儲けている状況と考えています。それくらい市場環境はいいのです。

 ようやく、エンジュクさんも思い腰を上げて、「セミナーでもやりましょうか?」という話が進行し始めています。私とすれば、来月中にやらないと手遅れになると思っていますので、このブログを見た方で、リクエストをしてみてください。開催時期が早まると思います。遅くとも、ゴールデンウィーク明けから5月末くらいに株を買い始めて、この大きな波に乗ることが大切と思います。

 いずれにせよ、銘柄選択を誤ると儲からない市場状況は今後半年くらい続きますし、円安の動きもゆっくりですが、確実に進みます。某脱税主婦で有名になった池辺氏も為替も今が大チャンスということが書籍をだしているのと同じような状況が日本株にあるのです。

 私が私的にやっている投資勉強会でもそれぞれが銘柄選択法をマスターしてやっていますが、順調に推移しています。何度もいいますが、このようなタイミングは5年に一度くらいしかありません。2年後にこの波で儲けた方のセミナーを聞いても、すでに内容が陳腐化して役に立たないものになっている可能性が高いこともここで申し上げておきます。

今日もいい感じでした!

 今日は、一時日経平均が、11000円を越えて、本格的な回復がみえてくる状況になりました。さくらでいえば今のようなさくらの咲き始めのような感じとなってきました。おそらく、来週には、終値ベースでも11000円を超えてくることでしょう。

 昨日、大和證券の社長まで強気なコメントをしたので、ちょっと不安になりますね。まぁ、でもここで、それがわかるというのは、ある意味、証券会社の社長としては、すばらしいのかもしれません。私のポートフォリオも順調に推移しています。今日も買いなおした某社株が新高値を更新しています。

 為替も予定通り、円安傾向が定着傾向になってきました。私もあせって、NZDを買っています。もう、一軒投資物件の追加を決めたので、急いで手配しました。あと、2軒くらい追加購入予定なので、これも早めに手当てしたいと考えています。

 あと、3か月くらいはいい相場が続く可能性が高いと考えています。ギリシャ問題はもう世界的な問題ではなく、一部地域での問題くらいに捉えられているようなので、大きな心配はいらないと思われます。

 大きく儲けましょうね!

満室経営新聞!

 不動産投資家であるけーちゃんが、「満室経営新聞」なるものを発行し始めました。創刊号が昨日でています。私も執筆していますので、是非ご購読ください。無料です。

 それにしても、3月の繁忙期というのに、賃貸物件の動きが鈍かったようですね。ここ10年で、最悪の状態ということを知り合いの不動産業者が話をしていました。それくらい転勤などが減少していることと、賃貸に住む人がコストをかけないために引越しをしないとかという状況のようです。

どうやら円安基調!

 アメリカ経済の回復が鮮明になってきたこともあり、金利が上昇傾向となっていることもあり、米ドルが高くなる状況となってきました。ギリシャ問題などの不透明な要素もありますが、3か月後には、米ドルが95円くらいになっていることが想定できそうです。年末には、100円をトライする状況になるかもなんて考えています。

 そうなってくると、輸出企業にとっては大きなメリットですし、3か月後には日経平均も、11500円を超えることも想定されますね。11000円はただの通過点ですが、12000円越えは大きなポイントになります。2003年以降の回復局面では、3度12000円抜けをトライしてようやくそれを抜けて、18000円までの大相場になったのです。

 そんなに楽観的なシナリオになるとは思いませんが、ここ半年の円高で、企業は円高に対する体力もつけてきたようですし、円安基調になれば、日本企業の業績も大きく回復することが期待されます。

 私は、ニュージーランドへの不動産の買い増しを決めたので、もうしばらくは円高でいてほしいのですが、そうもいってられませんね。株も買いたいし、NZ不動産も買いたいので、とりあえず、為替については、現引き可能な外為どっとコムでNZDをたんまり買う予定です。