不思議な考え方???

 ある知り合いからなぜ強気とか弱気とか相場観を持つことができるのですか? という質問がありました。簡単に説明すると以下のようになるかもしれません。

 子供のころ、毎日気温をつけていると、少しずつ気温が上がってきて、梅の花が咲くとか、冬から春の気配を感じるようになります。また、夏で暑い時期もすこしずつ暑さが和らいできて、風がすこし秋の気配とかを感じるというのとさほど替わらないものと思います。株式相場を毎日みていると、同じような感覚で株式相場をみられるようになるということだと思われます。

 株式相場も、暑い時期もあれば、今のように、春の息吹を感じるような時期もあります。経済的な指標も少しずつ改善してきて、急速ではありませんが、徐々に改善の兆しが見られるということです。

 現状は、厳冬期を過ぎて、春へ向うちょうど、今のような季節という感じと思っています。もちろん、寒さが揺れ戻すようなこともありますが、傾向としては春へ向っているということです。まだ、2番底リスクはないとはいえませんが、去年のリーマンショック以降のような強い下落相場にはならないと感じています。

 このように、季節に関しても人それぞれの感じ方があると思いますが、それが間違いかどうかは、結果をみて判断するしかありません。このようなことを感じながら、自分のポジションをどのように動かしていくかが相場においては最も重要なことはないでしょうか。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。