日銀は独立性が高すぎる???

 このところの円高に対して、デフレ対策としてようやく日銀が新しい金融緩和政策を検討しているという記事がありました。

 亀井金融大臣なども日銀による国債の引き受けなどをやるべきだなどと発言しているにもかかわらず日銀は何もしません。これも戦前にこのような政策を採って失敗したことがトラウマとなっていることもあるようです。

 また、日銀は、自分は、インフレファイターであって、デフレファイターではないと勘違いもあるようです。成熟時代に大きく変化して、政府まで変わっても日銀は、独立性を保つために、いくら政府がもっと金融緩和しろといってもなかなか動きません。

 そもそも日銀の役割とは何なのでしょうか??? 経済状況をみながら銀行や金融機関などを通じて資金の調整するでけではなく、円高などのデフレ要因に対して、もっと機敏に動くことも必要だと思われます。総裁などの役割は、これまでの日銀の姿を逸脱しないということが重要なのかもしれません。

 過去、バブルつぶしに動いた「三重野総裁」などもちょっとは評価された時期もありますが、結局、日本経済をぶっ壊した犯人扱いというのが現状の評価です。アメリカのFRBのように、時代に合わせて、少しは変わってほしいものですね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。