インフレと企業業績!

 インフレは企業業績にプラスかマイナスかという話をしていました。原則、在庫を抱えている企業にとってはインフレはプラスになることが多いのですが、日本のように物が有り余っていると、原材料が高くなっても、商品(ないしは、製品)に価格を転嫁できないことになるので、不利というのがが定説です。

 ところが、世界的な資源や食糧事情の変化によって、日本においてもインフレのほうが、企業にとって有利な状況となる可能性がでてきました。資源株や総合商社株が上昇していますが、世界的な資源のインフレ(値上がり)によって、日本においても商品などへの価格転嫁がしやすくなったということです。グローバルな競争となったことが、日本だけをずっと蚊帳の外へ置くことはできないということでしょうか。

 過去1年くらいは、日本においては、資源がそこを打って上昇しはじめても、円高によって値上がりがかなり緩和されていましたが、この状況が大きく変化しそうな状況です。どうやら日銀も重い腰を上げて、デフレ退治をしようという方向性ですし、世界的な景気も回復基調にはいったようなので、資源や食料価格が上昇基調となっているためです。

 一方で円高のメリットを得ていたイオンのような内需関連企業はそろそろ安売りをする環境ではなくなってきている可能性があります。なので、このセクターの株価は市場環境がよくなっても注目セクターとはなっていないよな感じがしています。

 世界的な景気回復は、日本においてもインフレをもたらす可能性が高いと思われますので、このような恩恵を得られる企業への投資をお勧めします。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。