インフレと企業業績!

 インフレは企業業績にプラスかマイナスかという話をしていました。原則、在庫を抱えている企業にとってはインフレはプラスになることが多いのですが、日本のように物が有り余っていると、原材料が高くなっても、商品(ないしは、製品)に価格を転嫁できないことになるので、不利というのがが定説です。

 ところが、世界的な資源や食糧事情の変化によって、日本においてもインフレのほうが、企業にとって有利な状況となる可能性がでてきました。資源株や総合商社株が上昇していますが、世界的な資源のインフレ(値上がり)によって、日本においても商品などへの価格転嫁がしやすくなったということです。グローバルな競争となったことが、日本だけをずっと蚊帳の外へ置くことはできないということでしょうか。

 過去1年くらいは、日本においては、資源がそこを打って上昇しはじめても、円高によって値上がりがかなり緩和されていましたが、この状況が大きく変化しそうな状況です。どうやら日銀も重い腰を上げて、デフレ退治をしようという方向性ですし、世界的な景気も回復基調にはいったようなので、資源や食料価格が上昇基調となっているためです。

 一方で円高のメリットを得ていたイオンのような内需関連企業はそろそろ安売りをする環境ではなくなってきている可能性があります。なので、このセクターの株価は市場環境がよくなっても注目セクターとはなっていないよな感じがしています。

 世界的な景気回復は、日本においてもインフレをもたらす可能性が高いと思われますので、このような恩恵を得られる企業への投資をお勧めします。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する