都心のオフィス空室率!

 昨日、三鬼商事が都心オフィスビルの空室率を発表しました。8.66%で、最悪の数値だそうです。10%にもみたない空室率ですが、新築オフィスの成約家賃は、最高値の坪あたり6万円くらいから2.5万円くらいまで下落しています。大家さんとしては、レバレッジもかかっているし、オフィスビルは管理費も多額なので、空き部屋よりも安くてもテナントにいてもらったほうがいいという判断が働くのです。

 同じようなことが、住居用の不動産にも起こっています。3月は、賃貸の媒介の繁忙期なのですが、去年あたりから、来客が大幅に落ちているようです。景気の悪化から、転勤を伴う人事を企業が減らしていることや新卒者の雇用を減らしていることなど、悪化の要因には枚挙の暇がありません。

 すべての商品やサービスにいえることですが、少しでも供給過剰が発生すると、そのものやサービス価格が大幅に下落します。まさに、不動産についてもこの状況が起こっていると考えていいでしょう。レオパレス21の空室率は1月から改善傾向にありますが、それでも前年比では、利用率は、3%以上低下しています。

 http://www.leopalace21.co.jp/IR/finance/report/20100309.html

 不動産投資家の淘汰される時代が目前に迫っていることは間違いないということのようです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する