ギリシャ問題の再燃!

 昨日、インドの利上げやヨーロッパ市場はギリシャ問題などからあまり上昇しませんでしたが、アメリカ市場は堅調だったようです。今日も東京は堅調に推移するとみています。なので、ちょっとばかり買い増し予定です。

 昨日の勉強会では、いろいろな話をしましたが、やはり銘柄選択というのがちょっと難しいという感じを受けました。特に、四季報などの業績予測は、精度が低いという印象を持っている方もいるようでした。四季報を使いこなす方法としては、過去の業績予想のトレンドをみて、判断することをお勧めします。

 よく、「よそうはうそよ」とか「よそうはよそう」とかと冗談のような話がありますが、ある程度予想を信頼しなければ、株式相場を張ることはかなり厳しくなるかもしれません。競馬などでも、馬の状態とか馬場の状態とかをみて、予想をするのと同じで、まったく何もアイデアなしに、馬券に投票するのはどうかなというのと同じかもしれません。

 私の場合は、四季報の予想を競馬新聞の予想くらいの感じで受け止めていますが、その予想の傾向をみることで、それを補完しています。あとは、競馬のオッズが、株式チャートのようなもので、株価がある程度、業績の予測を織り込んでいると考えています。

 このようなことから、業績+チャートをみて、売り買いの判断をしています。買うときは徹底的に買うし、売るという判断をすれば、あっという間に売ってしまいます。昨日の勉強会などでお話をした銘柄については、今後も半年くらいはフォローしていって、しっかり儲けたいと思います。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。