新しい社会とは大きな政府!

 民主党の政策は、まさに大きな政府という方針がとられており、破綻するまで続くわけですが、これは国民性にも依存するものだということのようです。NHKで、江川 紹子氏の発言を聞いていると、「弱いものが強い社会」という感じの世の中を流れをもっと大きくという感じの語りです。

 いつの時代も自分だけが嫌な思いをするよりも、みんなで同じ境遇となることに関しては我慢をするという日本人特有の国民性があるようです。財政論議がなされて国民は理解しているようでも、いざとなるとやはり自分では負担したくないということで、消費税の増税はやはり反対で、政府が倒れるような選挙結果になります。

 このような状況ですから、突然のように日本が財政破綻するというシナリオのほうが強くなりそうです。円高傾向もこのまま続くような感じで、驚くような円安になるのは、日本の経常収支が赤字になり、国内だけで財政赤字をまかなえない状態になるまで続くというシナリオが現実的なような感じですね。

 政府としても円高があってもまったくかまわないという方向性になっており、円高よりも国内の弱い人たちの保護のために動くという状況に変化はありません。極端な例かもしれませんが、相撲で、関取が全員が十両クラスで相撲をとったほうが良いということかもしれません。

 私としては、やはり、強い強い横綱がいて、入門したばかりの序の口の相撲取りが将来の横綱を目指してがんばれるような感じが必要ではと思います。相撲業界にいて、ある程度時間が経過すれば、全員十両になれるとすれば、関取は練習もしないし相撲業界自体が滅びるということになります。

 日本の流れはまさにこのような感じですが、これでもなんとかなっている現状があるという事実もあります。それは過去の蓄積と一部の企業の貢献によるものです。もちろん、大きな政府もすべてが悪くはないのですが、それにかこつけて生きていくという公務員という存在が「大きな社会の負担になる」ということに対する認識を十分にしておくべきと思います。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する