まぐれは起こるもの!

 資産運用においても「まぐれ」はとても重要なことです。まぐれは続かないといわれますが、まぐれを続けるこつはあると考えています。数年前に日本でも「まぐれ」というアメリカの書籍の翻訳版がよく売れたようです。資産運用なんて所詮まぐれの産物だというような考え方を広めた書籍です。
 しかしながら、実際にすべてをまぐれという言葉であらわすことは問題があるとは思います。まず企業が株式市場に上場することさへまぐれといえることなのです。日本全国で、約300万社あるという会社のうち約3800社しか上場していないのです。たったの0.13%です。1000社に1社くらいしか上場していないということですね。これはまぐれに間違いありません。
 まぐれというのも、たとえば株式投資ではポジションを持っていなければ起こりません。たまたま株式市場の環境がよくて、その株が3倍になったとしてもそれは成功なのです。そこで考えるべきことは、どのようにすればまぐれをたくさん起こせるかということを考えてみることです。
 ひとつの答えは、成功している投資家の手法を勉強することです。私は、ウィリアムオニール氏の投資手法を勉強して、日本株でその真似をしてみたのです。もう15年も前になりますが、ストップ高して新高値をつけたメイテックの株を追っかけ買いしました。そして、約3か月後には、その株価が3倍にもなったのを記憶しています。
 当時は売りについては明確な基準は持っていませんでしたが、もう3倍にもなったのだから売ってしまおうという単純な判断で、売りました。その後も同社株は上昇して、半年くらいで約5倍くらいまで上昇したと記憶しています。もう少し長くもっていればよかったという判断が正しかったかもしれません。しかしながら、それよりもオニールの投資手法のすばらしさを知り、この投資手法をもっと磨いていこうというきっかけになったことが大きな収穫だと考えています。
 このように、まぐれであっても、書籍や人との出会いというものが、人生を大きく変えることがあります。私もこの投資手法に出会うまではどちらかといえば、売買技法で、短期の売買によって稼ぐ方法を主として株式投資をしていました。この件があってからは、オニール式の成長株投資をメインとした株式投資で資産を増やしてきたのです。
 もちろん、振り返ってみれば、まぐれでメイテック株を引き当てた可能性が高いと思います。それでも、約2年間、英文で書かれていたオニールの書籍を何度も読み返して、ある程度理解していたことが成功の要因です。同じように、事業家がたまたまそのビジネスを始めたことによって、大成功した事例はたくさんあります。
 考え方次第ですが、「まぐれ」というのはとても重要なものだと思いませんか?

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。