自動車ブーム!

 世界的に自動車が売れているようです。昨日もブラジルの自動車販売のニュースがでていましたが、ドイツを抜いて、世界第4位の販売台数でした。ブラジルと中国だけで、約2000万台と、アメリカの約2倍自動車が売れるマーケットが出現したことになります。
 日産もデトロイトモーターショーなどへの参加を見送り、新興国市場へ集中することを表明しています。新興国の自動車ブームはこれからという雰囲気になっています。アジアでもインドやインドネシアでの自動車の普及してくれば、新興国だけで、自動車販売が3000万台を超えるということにもなりそうです。
 仮に新興国で販売される自動車が、1台平均100万円とすれば、2000万台売れたとすると、20兆円の新たな市場が生まれたことになります。このような観点からみれば自動車産業も成長産業とみなすことも可能です。生産台数ベースでは、トヨタが今年も世界一であり、このようなグローバルメーカー3社(トヨタ、日産、ホンダ)を抱える日本というのも捨てたものではありませんね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. ミリオン says:

    いつも思うのですが、自動車販売統計は台数しかなく、金額がないのは統計として真に不十分ですね。例えば台数同じで新興国平均1台50万で先進国が200万なら、金額は4分の1です。実際、中国やブラジルなどは平均どのくらいなんでしょう。国の比較をするには、台数、金額の両方が必須です。でも金額情報はでてきませんね。