小型株相場か?

 今朝の日経新聞にJQなどで、外国人が小型株を買っているようだという記事が載っていました。さて、どうなんでしょうか?JQ指数をみると、昨年の11月以降の上げ相場では、日経平均をアウトぱフォームしています。それでもJQの時価総額は、10兆円くらいですので、儲けた金額という点では東証一部にかなわないと思います。
 しかしながら、このような小型株が買われる相場というのは、大相場の初期に起こる現象ではないかと思っています。今回の相場はまだ始まったばかりという印象もあるので、今後に期待できるといことを示す指標と考えています。
 なぜかといえば、景気がよくなるときには、大企業は本業が忙しくなり、そちらに集中することから、ニッチを見付けてそこで成長してくる企業が小型株なのです。また、大企業に小判サメのように張り付いて、部品などを供給するような企業もでてくるのです。もちろん、大相場といっても、2004年から2007年のようなものではなく、もっと緩やかなものを想定していますが、あと、2年くらいは続く可能性が高いと考えています。
 去年は、円高という要素に躓いた日本株市場ですが、今年に関しては、アメリカの状況もよくなってきているので、期待しています。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。