日本国債の格下げ!

 現状では大きな問題ではないといわれている国債の格付けですが、今日S&Pが1ノッチの格下げを発表しました。格下げは、日本の財政リスクを物語るものですが、ユーロの債務のように大きな問題とはなりません。これは、国債の大半を金融機関などを通じて、日本国民が保有していることにあります。
 しかしながら、格付け会社は日本国債のデフォルトリスクはあると判断しています。このような状況は永久には続かないということで、S&Pもは格下げをしています。大半が自国通貨債務で且つ自国民が保有しているので、いまのところ為替レートにも大きな影響はでていません。今のところ影響がでるとすれば、邦銀の米ドルなどの外貨調達コストが高くなるということくらいでしょうか。
 現状での問題は、日本の経済状況と、政府支出の増大であり、社会主義的な政策がいつまで続けられるかという過渡期にあります。簡単にいえば、破たん前のJALのような状態にあり、やがて大増税するか、国家の年金や医療費負担を減らす以外に方法はありません。最終的には、日本国民が負担することになります。
 このところ書店などにも、2011年は不況の始まりような書籍が山積みされています。特に、同志社大学教授の浜先生などが典型的な例かもしれません。日本は破綻しないよという説も破綻するよという説も両方あります。このあたりのシナリオについては、みなさんも両方の見解をよくみて、考えてみるといいのではないでしょうか?
 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. 勘違い says:

    国債の格付けはされていません。
    今回S&P社が発表した格付けは債券のデフォルト可能性を図ったものではなく、彼らが規定しているソブリン格付けという国の経済力についてランキングを付けているものです。従ってS&P社も倒産が近くなったとはもちろん一言も書いておらず、主に生産人口の減少と高齢化により経済成長率予測が年間1%程度に落ちると見て、国の実力であるソブリン格付けを1段階下げるとした訳です。ですからこれは日本国債そのものの格付けではありませんし、ソブリン格付けというデフォルト可能性とは全く別の指標にも拘わらず、あたかも国債がデフォルトに近付いたように書いている報道は間違いだらけですし、あなたもそれにのっかって書いているだけです。もっと勉強して発信するべきでは??

  2. サブプライム証券にAAA付けてたS&Pが日本円建て国債の格下げですか。
    アメリカ自身に利益があるのか、アメリカを使ってどこかの誰かが消費税増税を目論んでるのか。

  3. >やがて大増税するか、国家の年金や医療費負担を減らす以外に方法はありません。
    フリーパパさんを尊敬していますが、”以外”というのはいただけません。
    政府によるお金の発行量を増やすという手がありますね。

  4. 勘違いさんは、勘違いのようですね!