自動車&部品産業

 結局、今回の東日本大震災で最も影響を受けた産業は、自動車産業ということになっています。部品数が多いだけに、その一部の部品がないだけでも自動車の組み立てができなくなるからです。
 トヨタにおいては、北米や中国でもフル生産の50%くらいしか製造ができなくなっており、部品調達が滞りだした今月の下旬からは、工場を休みにするような海外拠点もでてきています。
 これはトヨタの在庫ロスをなくす方式でもあるカンバン方式の弱点かもしれません。このような状況ですから自動車部品関連株の戻りが鈍いのもよくわかります。
 私は大震災よりも今後の自動車需要の動向のほうが影響が大きいと考えています。中東問題もあり、原油価格が大きく上昇していることから、新興国などでの自動車需要が減退することの影響が最も大きいのです。大震災で、工場などが被災している部品メーカーもありますが、一時的なもので世界需要が強い限りはあまり問題にならないでしょう。
 連休明けには、自動車部品会社の決算発表が本格化することもあり、そのあたりが一つのポイントとなりそうです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する