さて、円高かドル安か???

 先週は、米ドル安が進みました。ユーロについては、利上げをしたこともあり、比較的堅調に推移しています。もちろん、アメリカ経済の立ち直りが遅れるという見方から利上げが遠のくのではというような観測もあります。QE2については、年末まで継続しそうです。しかしながら、米国の企業業績をみているとかなりいい決算が発表されているので、大きく米ドルが売られる相場とはならないとみています。
 81円台というのは、円高方向と考えられますが、今後は、83円に戻れば円安ともいえそうです。ドルの独歩安という観点からみればということです。日本に関しては、悪い状態はほぼ織り込んだ状況にあり、大きく株が売られるというような感じはなくなってきました。
 日本もそろそろゴールデンウィークの長期の休みになります。本当であれば、株式のポジションを縮小すべきとも思われますが、とりあえず、株価も回復基調なので、そのまましばらくホールドすることにしました。決算も比較的よさそうな感じの発表がでてきいているからです。自動車関連株も先週末に買われるようになったので、とりあえず震災関連の悪材料は織り込んだのではないかと見ています。
 為替レートが微妙な状態ですが、企業にとっても、一方的な円安は原材料高を招くことから、現状のレベルであれば、受け入れられるくらいのレベルかもしれません。さてさて、決算発表が本格化する来週から5月の上旬までが株価の先行きを占う上での山場になりそうです。
 

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する