米ドル安と金利低下!

 このところの金利低下と米ドル安の連動という話をしておきます。基本的なスタンスとして、私は金利と為替レートに注目しています。株の場合は、経常利益が増えれば株価は↑という単純化して考えるのと同じです。為替の場合は、金利が上昇↑すれば、為替も強くなる↑と考えています。(G7やG10諸国のような為替取引が自由化されていることが条件で、新興国などやインフレ国は除きます。)
 現在、米国の金利動向を見ると、↓のトレンドになりつつあります。為替のアナリストなども米国2年債と為替の連動性が高いという評価をしていますが、同じような考え方です。それに対して、ユーロは、次の利上げを織り込むような形で金利が上昇してきています。
 この点については、キャリートレードのオンラインセミナーでもお話させて頂いたとおりです。ある意味、いろいろな為替関連の指標をチェックするよりも、長期的な観点からは、間違いのない指標と考えられます。