揚式発電!

 この夏の電力不足を補うために、揚式発電というものが用いられる可能性が高くなりました。週刊ダイヤモンドの記事ですが、揚式発電は、電力会社にとって負担が大きいためか隠されていたようです。
 いずれにせよ、東電もこの発電を利用すれば、この夏のピーク時の電力を賄うことが可能だということを認めているので、製造業などにとっては朗報かもしれません。
 東電が福島第一原発を廃炉にするという決断が遅れた理由のひとつに、この原発設備の減価償却が済みで、これからは儲かる状況にあったことのようです。原発を廃炉にするということは経営陣にとっては、苦渋の決断であったということが背後にありそうです。
 経営陣は、株主のほうを向くのも必要なことですが、国民の安全ということを第一に考えないような経営陣は、どうしようもありません。東電のような独占インフラ企業は、上場している必要があるかという議論もでてきそうです。もちろん、非公開企業になっても、上場企業並みの開示と、経営陣の責任を問うことのできるシステムは必要と思います。
 東電にとっては、巨額のお金をかけてきた発電設備であり、ようやく収益になりかけた設備を廃棄するという選択肢はないという考え方で進んでいたので、夏の電力不足を補うために柏崎原発を再稼動したいなんて話をしたのかもしれません。
 しかしながら、今回の福島の大事故や福井の「もんじゅ」の問題のようなことも抱えており、原子力発電については、長期的な視点からは廃止という方向性が正しいと考えるのは私だけではないと思います。
 もんじゅの事故は、現在も続いており、仮に大地震が発生した場合などは取り返しのつかない大事故につながる可能性も指摘されています。もんじゅはトラブル続きで、数兆円かけてつくられた原発ですが、未だに一度もまともに発電したことがないというのもどうかと思います。
 東大やその他国が管轄する研究機関も含めた原発利権は年に1兆円から3兆円ものお金が使われるものであり、米国の軍事費用と同じようなことになっていることを日本の国民も気づくべきかもしれませんね。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. 原発重大事故は国家危機となるので、首相が本部長として対応することが法律で決められています。ひとたび対策本部が設置されたなら、仮に東電の意向が国家国民の安全を優先していなければ、本部の判断には影響しないのです。国家国民の安全を最優先として動いてないならそれは政府に問題があるということです。
    なお揚水発電は夜間に電気を消費するので、夜間電力が十分に確保されていることが必要条件です。水力と原発は一日中コンスタントに発電するもので、火力はその構造上、点検が多いこともあり、ピーク対応となっています。今回原発が止まったことと、火力は古いものが多かったので、安定的に運転できるかの見極めは必要でしょう。
    ”隠されていた”という表現を使っているからには、かなりの確証をお持ちなのでしょうが、その確証に関する記述がなかったので、書きました。