原発利権温存のため・・・・・

 昨日の記事にコメントを頂きました。経緯としては、週刊ポスト誌のすっぱ抜き記事があったので、東電も揚式発電を事前に認めたというのが真実のようです。このことを週刊ダイヤモンドが東電に照会したら認めたということのようです。
 これまでは、週刊ポストは、原発事故をどちらかといえば擁護するような方向性の記事がメインでしたが、暴露記事ばかりとなりつつあります。ソフトバンクの孫社長のインタビューも載っています。みなさんも読むと、とても面白いと思います!
 本当の事実はどこにあるかは不明ですが、東電の行動をみるとそう思われても仕方ないということでしょうね。いずれにせよ、原発利権というものが今回の事故に大きく関っていることは間違いなさそうです。
 国民の負担を増やすよりも、現在の東電という会社を解体して、経営陣もすべて刷新するというほうがいいと思うようになりました。もちろん、電力は生活インフラなので、新会社に移して、労働組合との契約などを含めてすべて刷新するという手立てが必要だと思います。このようにしない限りは、経営陣や従業員のマインドが変わることがないことは、JALの件でも証明されているからです。
 このようにすれば、他の電力会社も考え方を変えるようになると思います。大地震や津波に耐えられないような原発は作らないだろうし、クリーンエネルギーへの転換も図られると考えます。テレビも広告収入の減少などで苦しんでいる中で、電力会社のCM料を失いたくないので、実態を報道しないようになっていることは残念でなりません。
 
 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。