ソニーと三菱モルガンスタンレー

 ソニーは世界的な個人情報の漏洩事件を起こしてしまいました。もちろん、事件を起こしたハッカーがいけないのですが、セキュリティ面での不備の責任が追求されそうです。米国の報道では、2兆円以上の賠償金額になるのではという想定まででています。東電の原発事故があるので、なんだ2兆円かと思ってはいけないのですが、ソニーという企業が存亡の危機に陥る可能性も指摘されています。
 三菱UFJモルガンスタンレー証券の巨額損失に関しては、どうやら過去数年間販売していた金利の仕組債券のヘッジがまったくできていなかったことが真相のようです。長期のスワプションを組み込んだ仕組債券を富裕層や中小企業などへ大量に販売してきたもののトレーディング部門(自己売買部門)ではそのヘッジ手法もなくそのままにしていたこと、また管理部門でもこのデリバティブのスマイルカーブのロングテール部分を評価していなかった(というか評価できなかった。)というのが実情のようです。
 確か大震災で、金利が変動して大損したような報道がされていた気もしますが、ずっと前から引きずっていることで、ようやくデリバティブの内部管理システムが完成して判明したことのようです。
 このデリバティブの大半をモルガンスタンレー三菱UFJが引き取って管理することの見返りに、三菱UFJグループは、彼らに対する10%固定配当付き優先出資を普通株に転換したという話まであるようです。金融庁が三菱UFJモルガンスタンレーに対して、巨額損失に関する報告書の提出を課しましたが、その報告書で明らかになるでしょう。
 なんか日本企業に関しても、いろいろと原発事故級の事件が頻発しているのはどういうことでしょうか・・・・・

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1.  こんばんは。メルマガで「遠藤照明」を読みました。小額ですがS高で同値LとS(組合わせるのが大変)を次の寄日にS済み、Lタイミング合わず売れ残りでしたが、逆日歩のおかげで含み損半額程になっています。LCせずに同値で売却ですと逆日歩分付く銘柄は始めてです。