オーストラリア景気と不動産!

 昨日、ゴールドコーストから帰ってきました。想定通り、日本人の観光客は大震災以降激減しているようです。不動産に関しても、For saleの看板が増えているような感じでした。第2四半期には、景気後退懸念もでてきています。中国の利上げ等によって、中国景気が減速し始めていることが、オーストラリアにも影響を与えているようでした。
 このような状態でも、オーストラリアでは、利上げという話がでているのは、インフレの進行があるからのようです。このところ、家賃の上昇が著しいようです。特に、シドニーでは、住宅不足が深刻なようです。しかしながら、不動産を買ってまでというメリットはないようです。不動産の直利(賃料/不動産価格)は、4%を切り3%に近い水準まで物件価格上昇しています。7%の金利のローンを借りてまで買うメリットが薄れてきたという感じです。
 オーストラリアの不動産投資情報誌をみても、今の状況で家賃が年間10%くらい上昇する想定でも、10年後まではキャッシュフローが赤字というシナリオの投資になります。それも元本返済しない金利のみを支払うローンを借りて、このような感じなので、節税効果がなければ、かなり苦しい投資になります。
 税制に関しては、変更のリスクもあるし、考え物です。ニュージーランドでは今年から建物の減価償却ができなくなり、節税効果が変更前の1/2程度になったこともあり、不動産投資という面では沈静化の方向にあります。
 このようなオーストラリア経済で、豪ドルは、これまで米ドルに対しては、強含みで推移していましたが、調整が入りそうな感じです。金曜日の終値では、84円台まで豪ドルも下げています。この状況も頷ける感じのするオーストラリア経済です。7月頃に円高波乱がありそうな気もしますが、円高になれば、押し目を買うといいのでは考えています。
DVC00637.jpg
↑ 写真は、レイクランドゴルフクラブです。ゴルフ場と別荘(コンドミニアム+戸建て)が建てられています。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する