関西電力お前もか・・・・

 関電も15%の節電要請を大阪府にして、物議をかもし出しています。橋本知事は、その根拠を出せと要求したところ、返事がなく、今週になってようやく出されるようです。原発が定期点検等でとまってしまうことをあげていますが、本当はそうではないと思っています。
 理由は簡単です。火力発電の火力のもとになる燃料価格が跳ね上がっていることが大きな要因です。原子力は、電力会社にとっては、安価な電力調達法なのです。いろいろな諸費用は国が負担していることや使用済み燃料や廃炉のコストは原価に入れていないからです。
 日本の火力発電所は、半分くらいしか稼動していません。理由としては、CO2を出すとか言われていますが、簡単に言えば、電力会社の利益がでにくいからです。電力価格は簡単に変更はしずらく、原子力に依存するほうがより儲かるからです。株式会社ですから利益を追求されることも要求されますが、まずは安全面を重視する姿勢が問われているということではないでしょうか?
 自動車で安全面に問題があれば、リコールが起こり、会社にとっても大きなダメージになります。今回の福島原発事故によって、原子力の安全性に問題があることが明らかになったわけで、電力会社も変わるべき時期にきていると思います。しかしながら、原子力利権や、独占事業であるという面からの発電と送電の分離をされてはたまらないというような状況にあるのではと想定します。
 この問題については、関西系のテレビなどではあまり報道されていないようです。逆に、東電の原発事故問題については、関西地区で、いろいろと報道されているのとはまったく逆の状況になっているようです。関電は、テレビなどの大きなスポンサーであり、ただでさえ、テレビCMが減少して困っている中ではこのような報道はしずらいということです。
 この国はどうなってしまうのか、本当に心配になってきました。文句をあまりいわない国民性が、かえって既得権益者の権益を増長させる結果となっているのではないでしょうか・・・・・

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。