円高・・・・

 ユーロ危機による円高が進んでいます。再び、ギリシャ債務問題によるユーロ危機のようですが、ユーロの大きな下落はなさそうです。米ドルについても、QE2の終了などによる米ドルキャリートレードの解消が進んでいるという話などもあり、70円台突入ということは回避されています。キャリートレードの解消に伴い、豪ドルなどの高金利通貨が売られる可能性が残りますが、瞬間的なものとなることを想定しています。
 ポイントなのは、金利が低くても、資金量が豊富でないと金融機関は融資姿勢を変えることになり、ヘッジファンドなどは、この転換を恐れて、キャリートレードの解消に動いているとみています。米国は景気指標などの悪化もあり、株式市場も弱含みで動き、QE3を催促しているようにも見えますが、米国債発行額の上限問題などもあり、なかなかQE3には踏み切れないと考えるアナリストが多いようです。
 日本でも国会議員が日銀による復興債の買い入れなどの要求をして、増税路線に反対する姿勢をみせていることは、円安要因ともとれ、面白い動きかもしれません。死にたいの日本経済に、止めを刺すような増税は大きな問題があるという点を強調していることは面白いと思います。
 菅政権も、今となっても財政再建を重要課題としており、日銀の国債直接買い取りには、反対する動きをするとみられます。今後のこの動きには注目したいと思います。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。