米の先物上場!

 今朝の日経新聞に、米がついに農産物取引所に試験上場されることが決まったようです。既に死に体の東京穀物商品取引所ですが、お米が上場してもそれほど取引量を増やす効果はないとみています。
 お米な公正な価格形成とは何かという問題もありますが、お米の価格は基本的に、各地の農産物市場にて流通価格が決定されています。これは、生産者と一部の流通業者による価格なので、公正な価格とはいえないという話もありますが、ある程度の価格決定力はあるものと思われます。
 日本の場合には、為替レート、関税、補助金などの問題もあり、海外に比較すると価格的にはかなり高い状態です。しかしながら、すでに、市場価格はほぼ決まっているような状況下での先物上場にはあまりインパクトがないと判断していいかもしれません。
 生産者のヘッジ機能があるといわれる先物市場ですが、そもそも参加者が少ない状況でのメリットはほとんどないと考えたほうがよさそうです。
 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。