アメリカ不動産の現状!

 アメリカ不動産の現状に関する情報が入ってきました。日本でいう日本の土地バブルが崩壊して数年経過した1995年ころのイメージだそうです。アメリカの場合は、請求権がないノンリコースローンが住宅ローンの主流をなしています。現状は、不動産価格が下がり続けるので、住宅ローン自体がかなりでにくい環境になっているそうです。
 デフォルト率の高まりによって、不動産担保ローンの証券化が難しい状況になっているのが、住宅ローンの伸びを阻害している大きな要因のようです。
 頭金も30%くらいないと住宅ローンは組めないのですが、この頭金を出すようなローン市場もまた壊滅状態であることも市況を押し下げる要因になっているとのこと。
 やはり、不動産がブームになる裏には、ファイナンスがつきやすいという状況があることが大前提となるのは世界共通のようです。1990年代に小口債権の証券化という金融技術が発展したことが、2000年代の不動産ブーム形成の裏にあったようです。
 現在は、住宅ローンだけではなく、学生の奨学金ローンや自動車ローンまで、焦げ付きが膨らんでくる状態になっており、これでは個人消費がよくなるわけがないという話まであるようです。
 確かに、このような状況をみると、アメリカ経済が上向くのは、もっと先という感じもしてきます。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。