損害賠償訴訟の開始!

 このブログでも東電への訴訟のことを書きましたが、本格的に損害賠償訴訟が始まりそうです。まずは、金額の大きいところからのようです。クラッシック音楽などのコンサートを主催する団体が、今回の原発事故によって、演奏者が日本にくることを拒んだために、大きな損害を受けたということの賠償請求です。
 このような賠償請求はいたるところから出てくる可能性があり、東電対象の訴訟だけでも、かなりの数になるという想定を弁護士などはしているようです。今のところ東電が直接的な賠償の窓口になるような動きになっており、今後の動向を見守りたいと思います。
 最終的な判決には数年を要すると思いますが、砂上の楼閣であった安全神話を信じ込ませていた国や電力会社のこんな馬鹿な行動が許されるような国ではないことを期待しています。
 知り合いの弁護士もすでに多くの会社や個人からの損害賠償に関する相談を受けており、どのような道筋で訴訟を提起していくか弁護士仲間ともいろいろと話し合いをしているようです。日本的な解決としては、双方に和解を勧告するようなことも想定されます。
 弁護士などが想定しているシナリオでは、最高裁まで戦いが続く可能性が高く、そこで一件でも判決が下れば、五月雨式に判決がでる感じになるということのようです。
 趨勢を見守りたいと思います。なお、東電関係者のコメントと思われるようなものについては、削除させていただきますので、ご了解ください。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。