上場リートについて!

 知り合いから「最近は上場リートへの投資をどう思いますか?」という質問を受けました。個人的には、あまり面白みがないと感じています。上昇リート指数は1000ポイントくらいですが、想定利回りは、平均すると5%前後であり、借入金をして、エクイティの利回りが5%前後というのはとどうかと考えてしまいます。
 上場しているので、流動性は確保されていますが、賃料の低下や空室率の増加等によって、全体的にリート価格は下がっているものの利回りは上昇していないという現実があるからです。加えて、災害のリスクがあることが大震災によって、再認識されたこともあり、古めの高層物件を持っているリートなどは改修費や修繕費などの支出が増えています。
 私の場合は、厳しい市場環境を言及している記事が多いので、不動産投資を否定しているような感じに取られますが、不動産投資には妙味があると考えています。ただし、何を買ってもいいという状態ではなく、悪い中でも自分なりにいい物件を選ぶことと、その後の維持管理能力が大切ということなのです。
 上場リートにおいても、今後賃料の下落が続く中での投資をどのように考えるかということになり、利回りが上昇している、すなわち価格が下落した状態において買い、利回りが下がっていく中での売りというという方策をとるのが正解と考えます。現時点では、少し利回りが低すぎるので、利回りが上昇した時点で買う方法がいいと考えています。

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。