フジマキに聞け!

 週刊朝日の「案ずるよりフジマキに聞け!」というコラムがあります。今週は、原発廃止でも日本の産業は守れるというお題で、コラムを書いています。原発廃止で、電気料金が上がっても円安になれば産業界は何の問題もないという趣旨の内容でした。
 いつも感心するのですが、いろいろな題材で、コラムを書きながら必ず円安誘導を希望ないしは、期待するような仕上がりになるところが、フジマキ氏の凄いところです。このコラムで、数年来円安を期待しているという話を書いているのですが、円高が止まらない状態です。
 藤巻さんは、某外資系銀行で、伝説のトレーダーだったわけですが、彼が書く「プロパガンダ」(現在もブログとして継続しています。)という無料レポートは、90年代金融関係者ではかなり面白いという評判でした。ファンの中には、毎日、ファックスで送られてくるのをマシーンの前で待っていたというような読者もいたそうです。
 当時、私も外資系証券にいたのですが、国内の金融機関のお客様が、面白いときには、わざわざファックスを転送してくれたりして、読んだこともありました。彼なりの相場観を書いているのですが、それよりもギャグを連発している内容に興味を引かれている読者も多かったようです。また、彼の手書きであり、判読不明なこともあったそうです。
 現在もあいかわらず米ドルロングのポジションをナンピンし続けているという噂もあるフジマキ氏ですが、彼のポジションが浮かばれる日はいつ訪れるのでしょうか・・・・・

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. 元外資系○○には気をつけろ! says:

    外資系銀行、外資系証券・・・肩書きだけで世渡りする、えせトレーダーの巣窟。
    プロ気取りで相場語るも、実際は的外ればっかりwww。
    儲けるには、こいつらボンクラどもの逆を行けばいい。