米国企業業績と株価!

 米国企業業績の発表が続いています。大企業は好調です。唯一の不振セクターである銀行が気にかかりますが、それ以外は好調なようです。
 ダウ30種平均は、1990年代には、4000ドルから8000ドルくらいでしたが、現在は、12000ドル台です。日本にいると2倍とか3倍になっているからバブルだなんて判断しそうですが、そうではありません。実際に、採用されている30銘柄の経常利益は、2倍とか3倍になっています。
 一方で日本はというと、名だたる企業、ソニーやNECなどの収益は、90年代の1/3くらいになっており、株価も1/3くらいで、実際の収益に応じた株価になっているのです。もちろん、これは円高、デフレや日本の雇用政策などの影響を受けています。日本の場合は、社会主義的政策をとっていることもあり、企業が利益を出しすぎるとすぐに叩かれるようになるからかもしれません。
 日本で、四半期で1千億円以上の利益を出している会社はほとんどなくなっています。米国の企業は、四半期で、1千億円以上の利益を出している会社は、かなりの数に上ります。絶好調なアップルは、7000億円近い収益を上げています。
 最近は、史上最高益を出す日本企業も増えていますが、これは日本での収益ではなく、新興国での収益が増えているという理由であり、日本政府としての政策が失敗していると考えていいかもしれません。失われた20年が失われた30年にならないようにしたいものですが、現状ではどうしようもないかもしれませんね。
 

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。

Comments

  1. おはようございます、東です。
    沖縄ではありがとうございました^^