大震災の影響もありましたが・・・・

 3月の大震災で、株式のポジションが大きくやられて「ショボン」な状態から復活しました。6月から今月にかけて、持ち株の大躍進もあり、今日のオンラインセミナーも楽しくできました。いろいろなイベントがありますが、マーケット環境がいいと戻りも早いことが証明されたということでしょう。
 ある方から日経平均のチャートはみないという話に関して質問がありました。「全体の市況のコメントをこのブログでも書いているのに、あまり日経平均のチャートをみてないのですか?」ということでした。もちろん、週一回程度はみていますし、また、今日は日経平均がいくら上がったとか下がったとかのニュースはみています。
 しかしながら、全体の市況を判断する材料としては、あまり重視していません。自分の持っている銘柄の状況や新高値銘柄の数などを参考にして、ブログコメントを書いています。過去、オニール氏が市場環境をみる際に、ダウのディストリビューションとかを参考にみていた時期もありますが、その前に自分の保有銘柄や新高値更新銘柄のチェックをしているほうが、市場環境の判断を誤ることが少ないと感じているからです。
 もちろん、大震災のような事象については、想定できませんでしたが、大きな流れに関しての判断に誤りはありませんでした。大震災から3か月くらいで、大きくやられていた(大震災の1週間後くらいに、最大で40%くらいのマイナスでした。)自分のポートフォリオが復活しているからです。大震災後も持ち越していた自動車部品も高値を更新してくるようになり、安心しています。
 今年は、いろいろと大きなイベントがあり、FXも株式投資もボラが高いのですが、うまくいっているのは、中期的な相場観的に誤りがなかったということだと思います。株式に関しては、リスク管理がまったくてきなかった大震災も、なんとか越えられたという達成感もあります。このまま今年の後半戦もうまくいきそうな感じがしています。
 投資塾もあと1年から2年くらいはやれそうな感じもつかめてきました。市場環境がいい時期には株式投資の資産効果が実感できるものであり、投資塾での講師としての立場も充実している気がします。今後とも受講者のみなさん、よろしくお願いいたします!

「ふりーパパ氏の投資法をすべて公開します」

slide1 ふりーパパ氏の用いている「上方修正投資法」は、銘柄を見つけるのが簡単で、大きな利益を期待できる方法です。

銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も、特別な能力も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。

ふりーパパ氏は1992年から投資を始め、今では投資で得た利益で5億円規模の不動産を所有し、毎年約5千万円の家賃収入を手に入れています。

この無料メール講座では、以下の7つのポイントについて、3つの動画を交えながらお伝えします。

・上方修正投資法の具体例
・儲かる銘柄を探し出す方法とは?
・売買タイミングの決定方法とは?
・二か月半で2000万円を稼いだ実例
・利益を高めるための利食い、損切りの方法

無料でご覧になれる配信期間は限られています。 今すぐダウンロードして、ぜひあなたの投資にお役立てください。